・ヒット・ザ・ロード
 Hit Z Road(Space Cowboys:2016)


Hit Z Road

ゾンビが蔓延る世界で、なぜかルート66を走り抜け西海岸を目指すゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

競りでカードを手に入れながら、時にはゾンビと戦っていきます。
各プレイヤーは自分のファミリーとなるコマを持ちます。
このコマがなくなると脱落です。
ゲームはまず競りからラウンドがはじまります。
場に並ぶカードを見て値段をつけていきます。
競りはソフトパスで、全員がパスをしたら高値をつけた人からカードを選んでいきます。
カードに描かれているアイテムを入手し、ゾンビマークが描かれていればゾンビとダイス勝負。
ゾンビはすべて倒すまで戦いをやめることは出来ません。
全員が解決したら次ラウンドですが、1人しか残っていなかった場合、その人の勝利でゲーム終了です。
複数人残っていても8ラウンドでゲームは終わり、得点の高い人が勝者になります。

詳しい説明はこちらを参照→ひだりの灰色:ヒット・ザ・ロード/Hit Z Road

なんだかよくわからない、ふざけたようなテーマw
私でも遊べるゾンビということで遊んでみました。
テーマ設定で笑い、コンポーネントで笑います。

いざ、生き残りをかけて西海岸を目指せ!
場に並ぶのは場所カード。
2枚セットになっていて、カードをよく眺めます。
まぁ序盤はいいのです。
ゾンビの数もたいしたことないし、アイテム捨てて逃げたり出来るから。
問題は、進めば進むほど強くなっていくゾンビ。
使うダイスも強くなるので、カードを見て誰もが避けようとする。
こうなると競りが熱い。
どうしても引けない。
でもお金という概念がなく、持っている資源で支払わなければいけない。
資源はとても大切。
ゾンビと戦う時に弾があればダイス増やせるし、逃げることだって出来る。
それでも赤いダイスは絶対に振りたくないw

全滅とかあるのかな?と思ったのは、中盤まで。
後半がかなり厳しい。
そもそも資源をある程度使い果たしているから、まさに生きるか死ぬか。
競りの価格もどんどん安くなってく。
でもダイスなら、戦闘で一発逆転があるかも・・・・

なかった!

ファミリーが1人減り、2人減り、振れるダイスも減っていく。
どんどんゾンビに蹂躙されて減っていくファミリー。
トド吉のファミリーが減っていくのを笑っていたら、私のファミリーも一瞬で減っていく。
向かい側を見れば、いたるさんは他の人より多く残してる。
負けてなるものか!と思ったけれど、避けられるアイテムもなく、全滅。
トド吉も全滅し、最後まで残っていたいたるさんの勝利。

序盤で強気の競りなんてしてちゃダメだw
アイテムを手に入れようと思ったら、ゾンビのところに赤い印があったり、平坦な道を取りたくてがんばりすぎるとアイテムが手に入らなかったり。
まさにサバイバル。
もしかしたら生き残れるかも!?なんて考えて、得点高そうなカードを狙ってる場合じゃなかった。
とはいえ、時にはがんばらないと序盤で苦しくもなるし。
あとはダイス運かなw
一緒に盛り上がれる人と遊ぶのがおすすめ。
盛り上がりはかなりのものでしたw

このゲームの見所は、なんといってもコンポーネント。
カード裏面
汚れているんではなく、こういうアートワーク。
道中落ちているものを使ってゲームをつくりあげた設定なので、クレジットカードだったり診察券だったりと、とことんこだわっているところが好感度アップ。
ビンのフタとか汚れているトランプとかw
テーマに良くあっていて最高でした。