・グローバル不動産王
 World Tour Board Game(DAISO Japan)


グローバル不動産王

世界各都市を購入し、ホテルやペンションを建てて通行料で稼ぎ、破産しないようにするゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボード外周は世界各都市のマス。
プレイヤーはスタートマスからスタートし、ダイスを2個振って出た目の数だけマスを移動していきます。
止まったマスが誰かのものなら通行料を支払い、誰もものでもなければ購入することが出来ます。
1周してスタートに止まるもしくは通過すれば収入が入ります。
各地域に1つあるスペシャルカードマスに止まれば、イベントカードを引いて指示に従います。
購入した土地にはホテルやペンションを建設することが出来て、手番中ならいつでも建設出来ます。
支払うお金がない場合は、所有している土地などを売却して支払います。
これを続け、破産した人から脱落していき、最後まで残った人が勝者になります。

どこかで聞いたことあるルール。
でも難しいところは何もなし。
地域の独占がないので、交渉といえば、スペシャルカードや土地をプレイヤー間で売却する程度。

早速ゲームスタート。
最初はお金を持っているので、止まった土地を片っ端から購入していきます。
もちろん、良さそうな土地にはペンションを建設。
各都市に建てられるペンションの上限は4軒。
しかもストックになくなれば、もう建設出来ないのです。

安い土地の地域を抜け、進めば進むほど高くなっていく土地。
せっかくなので島を購入。
1つだと通行料が安いけれど、3つ程度持っていればかなりの収入。
お互い派手にお金を使い、派手にお金を取られ、ひたすら外周ぐるぐる。
時には無人島へ入ってしまい、3回休みとか。
すぐに出るならゾロ目を出さなきゃいけないので、結局ダイス振るだけの人。
ところが・・・
今回はスペシャルカード運がまったくなく、引いても引いても支払いばかり。
向かい側では、トド吉が収入になるスペシャルカードを引いている。

悔しいじゃないのー!

そしてお互いかなりの不動産を持ち、ホテルを建てて一攫千金狙い。
こうなってくると、手番のたびに売却したり、次の手番で新しい都市を購入したり。
そして、私の最高の収入源、大阪が出来上がる。
ペンションを建て、ホテルも建て、まさに一攫千金狙い。
お互いの間を$300以上が飛び交うプレイ。

「次、大阪お待ちしていますw」
「いや、絶対やだ」

「カイロお待ちしてますよー」
「そこも危ない」

最後はもう、じりじりとした展開で、トド吉の北京が火を噴き、私が破産して終了。
いやー長かったw
でもたまにはこういうゲームも楽しい。

ところでこれ、100円ショップでおなじみダイソーが発売したゲーム。
お値段も108円とかなりリーズナブル。
パッケージ
パッケージはこんな感じ。
どこかで見たようなルールですが、ちょっと遊ぶのにはいいかも。
ボードもあるし、切り取り線で切る形でカード類や紙幣もあるし。
意外にしっかり出来ていて、ダイソー侮れないなぁと思うのでした。
ただし2人で70分はかかりましたけど。
あと、英語ルールも入ってましたw