・クウィント
 Qwinto(Nurnberger-Spielkarten:2015)


クウィント

3色のダイスを振って出た目を記入していき、出来るだけマスを埋めて得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

プレイヤーは各自、自分用の記入シートを持ちます。
シートには各色の列と失敗した時にチェックをつけるマスがあります。
ゲームは簡単で、手番がきたらどのダイスを振るか1〜3個を選び振ります。
ダイスは一度だけ振り直すことが出来ます。
出目の合計値を、振ったダイスいずれかと同じ色の列に記入するだけ。
ただし、同じ行(縦列)に同じ数字は書き込めず、各列は昇順になるように書き込まなければならず、書き込めるマスがなければ失敗にチェックを入れます。
この時、他プレイヤーは任意で、自分のシートに書き込むことが出来ます。
そして、次の人の手番になります。
これを繰り返し、誰かが2列完成させるもしくは、失敗に4つチェックが入ればゲーム終了。
得点を計算し、最も得点の高い人が勝者になります。

シートをよく見れば、各色のマスが微妙にずれています。
そして3色のマスが縦に並んでいる行は要チェック。縦列が埋まれば五角形のマスに書いた数字がそのままボーナス得点。
ダイスを握ったら、早速スタート。

「3色全部振る!」

最初は強気でw

「13!」

3色使っているので、どの列に書き込んでも良い。
ただし最大18を考慮し、さらに今後他の色にも書き込めるように・・・考えても仕方ないので紫の列に書き込む。

「おれも書く」

まぁ序盤なら率先して便乗するよね。

とまぁ、こんな感じでゲームが進んでいくと、意外に不自由なことに気づく。

「そろそろ2個にしようかな。赤と黄色で」

ダイスを3個振っても2個振っても、そこまで出目の合計に差が出ない展開。
だったら確実にマスを埋めていく方法を考えないと。
そしてトド吉が初めての「失敗」。
早すぎるだろ!と思っていたら、ダイスの選び方で失敗することに気づく。
埋まれば埋まるほど選択肢がなくなってきて、ダイスを振るにもドキドキw
振り直し出来ても、そういう時ほど悪化するわけで。
それでも何とか縦列2ヶ所は埋まる。
そして大きく狙うか、小さく狙うか選んでダイスを振ったはずなのに、連続で失敗。
この頃になると、よほどじゃないと便乗しない。
埋まらないなら、自分の手番で記入出来るマスを残しておかないと。

ゲームが始まって15分後には、私が4回失敗してゲーム終了。
得点計算をしてみたら、縦列を埋めていたことでボーナス点が大きかった。
失敗の減点を補うことが出来たし。
列はすべて埋まらなかったけれど、埋まったマスの数だけ得点になり、私の勝利。
ボーナス意識しておいてよかったw

手軽に遊べる中で、ゲームが進むほど選択肢のなさで悶絶します。
さらにダイス目でマスを埋めていくので、運がなければ失敗の連続。
中盤以降は、ものすごい勢いで収束していきます。
終わった後、すぐにもう1回遊べるのもいいし、盛り上がれてルールも簡単。
ゲーム会の合間でも遊べそう。