・バブルズ
 Bubbles(Piatnik:2015)


バブルス

4色のダイス目と同じ順番に並ぶイラストを素早く見つけるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

カード24枚すべてをテーブルの中央に並べます。
スタートプレイヤーが4色のダイスすべてを振り、出目とカードのイラストを見比べます。
ダイスの色と数字は、そのままカードに描かれている泡と連動しています。
最も大きな数字のダイスの色と同じ色の泡が一番大きな泡、2番目に大きな数字のダイスの色と同じ色の泡が2番目に大きな泡という感じで。
4つすべてが正しい大きさで描かれていると思ったカードを見つけたら、カードの上に手を置きます。
すべてのプレイヤーがカードを決めるか、すでに正しいカードが取られたと判断したら、正解を確認し、正解したプレイヤーはカードを獲得します。
次のプレイヤーがダイスを振ってゲームを続け、誰かがカードを4枚獲得したら、その人の勝利でゲーム終了です。

カードの外枠で難易度が違います。
今回は簡単なものと難しいものを半々で入れる形で。

「それじゃはじめるよー!」

転がったダイスを見ている間、とても静かw
見ながら頭の中で数字を並べ替える。
並んだらその色をカードの泡と見比べて・・・

「これ!」

自信満々で手を置く。

「あーうん、それだよね」

大人2人で遊んでいるので、片方が取れば他にカードを選ぶ必要もなく。
幸先良い出だしで、次は私がダイスを振る番。
数字を頭の中で並べるのは早いけれど、並ぶカードから探し出すのが大変。
どれも同じに見えてくるので、この泡に書いてある顔が憎らしいw
そして、私が取れたのは最初の2枚だけ。
トド吉がものすごい勢いでカードを取り続け、あっという間に3枚。
これは最後の1枚が熱い。

と、勝手に思っていただけで、風のようにカードをさらわれ敗北。
こういうゲームでは負けないと思っていたのに!

とても簡単なルール。
時間制限もないのに、カードは早取りなのでのんびりもしていられない。
見つめれば見つめるほど、大きさの違いが視界に入らなくなる。
箱絵はちょっとがっかり感があったけれど、短時間で夢中になれて楽しかったですw