・ラプトル
 Raptor(Matagot:2015)


ラプトル

恐竜と研究者に分かれ、それぞれの勝利条件を達成するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

勝利条件は、ラプトル(恐竜)側と研究者側で別々に設定されています。
ラプトル側は子ラプトルを3匹ボード上から逃がすこと、もしくはボード上に研究者がいなくなれば勝利。
研究者側は母ラプトルに眠りトークンを5個置くか、3匹の子ラプトルを眠らせて捕獲出来れば勝利。
中央にボードを置いて初期配置をし、お互いに自分用のカードセットをシャッフルして裏向きの山札をつくり、3枚引いて最初の手札とします。
ゲームはラウンド制で、自分の手札3枚から1枚を選んで裏向きに自分の前に置き、同時にオープン。
数字が小さい側はカードの特殊効果を発動させ、大きい側は差分だけアクションが出来ます。
最後に手札が3枚になるように、自分の山札からカードを補充したらラウンド終了。
これを繰り返し、どちらかが勝利条件を達成したら、ゲーム終了となります。

今回は私がラプトル、トド吉が研究者。
全体のルールは簡単だけれど、カードの効果はすべて目を通しておく。
最初の手札には大きい数字と小さい数字が程よくあるので、全力でアクションをしようと大きい数字を選択。
裏向きで自分の前に置いて、トド吉が選び終わるのを待ちます。
最初はランダムなので、勘が頼り。

同時にオープンし、数字比べ。
トド吉は2で私は8。
私は6アクション、トド吉はカード効果。
幸先良い出だしで、まずは子ラプトルを移動させて、あとは研究員に向かって猛烈なダッシュ。
研究員を食べにいこうとするも、数えたら一歩足りないのでやめるw
子ラプトル5匹のうち3匹逃がさなきゃいけないので、捕獲されるわけにはいかないのです。

お互いじりじりとした展開が進んでいった頃、研究員にチャンスがやってくる。
十字方向から一斉射撃され、ラプトル被弾。
3発被弾してしまい、以降の移動がほとんど出来ない状況に。
こうなると厳しい。
がんばって研究員を食べ、もう1つの勝利条件を狙いつつ、子ラプトルを逃がしていく。
それも長くは続かず。
ラプトル5発被弾で敗北。

うーん・・・これ、ラプトルが被弾してしまうと制限がきつい。
ある程度カードを使っていけばカウンティングしているのであたりをつけることが出来るけれど、眠っている子ラプトルを起こしたり、銃弾を取り除くカードが5か7。
数字が小さくないと効果が使えないので、ある程度になると勝つのが無理なのがわかってしまう場合も。
今回は不運にも、そういう展開になってしまった。
多少被弾しても、かなり研究員を食べて追い詰めたんだけどなぁ。
さすがに十字射撃されると厳しいのと、研究員の射撃範囲が広すぎて、隠れるのが間に合わなかったのも敗因かな。
次は研究員をやってみたいと思っています。

ところで、ラプトルコマがかなりいいです。
ラプトル
子ラプトルもちゃんと小さいしw