・ゾックンロール
 Zock 'n' Roll(Schmidt:2016)


ゾックンロール

共通のダイスと自分のダイスを使って役を作り、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場には共通として扱う白いダイス。
各プレイヤーは、自分用の記録ボードとダイス、そしてダイスカップを持ちます。
プレイヤー全員が一斉に、ダイスカップの中でダイスを振ります。
次に親が白いダイスを3個振り、親から順番に降りるか続けるか宣言します。
降りる場合にはカップを上げて役が出来ていれば自分の記録ボードにチェックをします。
さらに最初のラウンドで降りる場合のみ、ボーナス点が入ります。
残っている人がいる場合、親はさらに白いダイスを1個追加し、再び降りるか続けるか宣言。
この時に降りてもボーナス点は入りません。
親はさらに白いダイスを1個追加し、残っているプレイヤーは一斉にダイスカップをオープン。
一番強い役を作った人だけが、自分の記録ボードにチェックをします。
これを繰り返し、誰か同じ役を6回もしくは終了条件を満たしたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者となります。

このゲームで使うダイスカップは、上が開いています。
実際に使ってみるとわかるんですが、他のプレイヤーからは見ることが出来ず、自分だけ確認するのに便利。
ダイス目
衝立より断然使いやすいし、うっかり見えることもないのです。

いよいよゲーム開始。
「テキサスホールデムなんだけど?」と言われ「やってことない!」と答える。
でも役ならわかるので大丈夫。

まずはダイスを力いっぱい振る。
そして、親が白いダイスを振る。
自分のダイスと共通の白いダイスを使って役をつくる・・・出来ない。
ここで降りるかどうかの宣言だけど、出来てないんだからがんばるしかない。

「降りない」
「降りない」
「降りない」

誰も降りないw
そして白いダイスが追加され、ようやくワンペア。
もう少し狙えるだろう・・・きっと。

「降りない」
「降りない」
「降りない!」

またしても誰も降りないw
白いダイスが追加投入され、一斉にカップをオープン。

「ワンペアだわー」
「同じく」
「スリーカード!」

スリーカードの人だけが自分の記録シートにチェック。
おかしいなぁ・・・?

このままゲームが進んでいくも、あまりにも誰も降りない展開。
これはひっそりと降りて、それを6つチェックすればいいんじゃ?
いや、それだと得点で負けるんじゃないか?
そんな考えでいたから、降りるとは言えない。
プライド?w

夢中になって遊んでいるうちに、気付けばゲーム終了。
最終的な得点を計算してみたら、勝ったのは私。
最後のフルハウスが大きかったw

ダイス目が言うことをきかないのはいつものこと。
自分のダイスは2個なので、出来ているふりをしたり、最後に撃沈したり。
誰も降りないなら、あえて先に小さい役で降りてしまうほうが効果的なんじゃ?とか思ったり。
やはりダイスゲームは楽しいw