・オーマイグーッズ!
 Oh My Goods!(Lookout Games:2015)


オーマイグーッズ!

建物を建てて生産したり、生産チェーンを上手く利用して勝利点を獲得していくカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、最初に持っている建物の炭焼き小屋と労働者カードを受け取ります。
労働者は上下で「きちんと」生産するか「ずさん」に生産するか使い分けることが出来ます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは4つのフェイズからなります。
新たな手札を入手したら、日の出には市場にカードのディスプレイをつくります。
この時、稼働させたい建物に労働者を置き、最後のフェイズで建設したい建物も併せて選びます。
そして日暮れでは、再び市場ディスプレイをつくり、最後は生産と建設。
労働者を置いた建物での生産は、市場に必要な資源があれば稼働し、足りない分は手札から出すことも出来ます。
商品を生産出来れば、同時に生産チェーンを利用することも可能。
最後に、コストを払って建設するか、助手を雇うかのどちらかを実行したらラウンド終了。
これを繰り返し、誰かが手元に8つの建物を建てたら終了の合図。
現在のラウンドを最後までやり、さらにもう1ラウンドやってゲーム終了。
最も得点の高い人が勝者になります。

スタートは全員炭焼き小屋。
となれば、ゲームの進め方で差がついてくるはず。
手札を眺める。

(高いだろ・・・これ)

日の出がきて、市場にカードが並ぶ。
山札からめくって並べていく。
何枚めくるのか決めるのは、カードに描かれた半分の太陽。
これが1個になるとめくり終了。
並んだカードを眺めながら、労働者をきちんと働かせるか、資源1つ少なく生産出来るずさんを選ぶか。
まぁ炭焼きだし、木が見えてるし、最初だし、ということで、きっちり働いてもらうことに。
問題は建設。
唯一あったコストの安い建物を選んで伏せる。

そして日暮れ。
見つめるのは市場。
さあ、必要な資源でてこい!
日の出と日暮れは、全員の視線が市場に集中w

そして、ラウンド最後は生産と建設。
市場に並んだので全員生産は出来たけれど、ここで手札を使ってチェーン発動。
さらに資源を増やして差をつける。
でもまぁ・・・序盤の差なんてたいしたことじゃなかったりw
最後にお金を払って無事に建設すればラウンド終了。
生産された資源はお金でもあり、カードには物と金額の両方が描かれているのです。

これでだいたいの流れがわかったので安心。
早々に次ラウンドへ。

毎ラウンド、みんなが建設するので引き離されないように必死。
頭の中では、手札を使って追加生産したらいくらになるか、生産に生産で・・・と一生懸命考える。
もう夢中。
夢中になればなるほど、時間の経過は早いもので。

気づけばゲームも終盤。
自分の前に並ぶ建物。
労働者を追加で購入しなかったので、生産が厳しい。
途中で労働者を雇ったいたるさんとトド吉は、2カ所で生産出来るわけで。
やはり途中で雇っておくべきだったかも。
そしてゲームは終了し、勝ったのはトド吉。

カードゲームなのにこの重いプレイ感。
引いたカードで組み立てを考えて、日の出である程度決断。
結果は日暮れ次第。
そこが賭けでもあり。
上手くチェーンが回れば楽になるかと思ったけれど、自動で進んでいくわけでもなく。
常に考えていたような気がします。
ところで、今回ルールを読んでも読んでも、聞いても聞いても頭に入らなくて・・・眠気全開w
結局はゲームが始まってから理解した感じに。
まぁ・・・そういう時もあるよね。

元の版は、オーストリアボードゲーム博物館の「Royal Goods」。
オーストリアボードゲーム博物館は「豆の女王シシィ」というボーナンザシリーズも出していたり、ひっそり小箱を出している印象です。