・マッチョモンスター
 Machtige Monster(Queen Games:2016)


マッチョモンスター

護衛をかわして王の金を奪うゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

王の前にはカーペットの道があり、護衛が待ちかまえているので、これを倒して金を奪います。
プレイヤーたちは、王の金を奪おうとするモンスター。
それぞれ違うモンスターを担当しますが、カードの内訳は同じ。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは3つのフェイズからなります。
各ラウンド、国王タイルを効果を適用します。
プレイヤーの手番は、城ボードのカード置き場に手札から1枚カードをプレイするだけ。
空いている場所に置くか、すでに置かれているカードを上書きすることが出来ます。
上書きされた元のカードは持ち主の元に戻り、再び他の場所に置くことが出来ます。
各プレイヤーが2枚プレイしたら、護衛と戦って金を分配し、最後に回復と次ラウンドの準備です。
これを繰り返し、最後の国王タイルが箱の中に戻されたら終了。
もっとも金を多く持つプレイヤーが勝者になります。

プレイヤーが持つカードセットは5枚。
これをシャッフルして裏向きの山をつくり、そこから3枚引いて手札にします。
3枚のうち、使うのは2枚だけ。
残った1枚は次ラウンドへ持ち越しになるわけで。

城に並ぶ護衛を倒すには1人では無理。
というのも、カード裏面にどの程度の強さを持った護衛なのか数字が書かれているのでわかるけれど、実際は表にしてみないとわからない。
護衛が強ければ、その分もらえる金も多いわけで。
でもゲームの勝者は金を一番多く持っている人。
となれば・・・一緒に戦っておいて、自分のほうが分配を多めに受け取るように出し抜いていくのです。

がんばれ私!

ということで、早速城に護衛が並びます。
裏面に書かれている数字をチェック。
なるほど・・・強さは5ー9の間で、倒せば10ー14金もらえる。

私が持っているカードの最大数字は5。
 1人じゃ無理だけど、誰か置いてくれるだろうし。
  いや待てよ・・・5はもったいない気がする。
   3でもいけないかな?

悶々と考えて、結局出したのは3。
さぁ、こい!

と思ったら、便乗してきたのが4。
4!
それじゃ勝っても分配少ないじゃない。
しかも、その後上書きされて、私の3は手元に戻ってくるというw

仕方がないので、違う場所へそっと置く。
弱い護衛ならいける。
だって1のカードを持ってる人もいるかもしれないし。

すべてにカードが置かれて護衛と戦うフェイズ。
この戦いも解決していくのは、玉座から遠いところから。
もし途中で護衛を倒せなかったら、それ以降は全部失敗になるのです。
大金を狙いすぎて、その手前で負けられるとしょんぼり。
そこを考えながらカードを出していくけれど、そう上手くはいかないのが手札。
もっとも2ラウンド目が終われば、カードをどういう組み合わせで使うのか、ある程度わかるわけで。

(さっきママが1使ってたから、今回はないよな)

とか。

(おやじさん、さっき5使ってたしトド吉も4使ってたな)

とか。

夢中になってカードを出しているうちにゲーム終了。
勝ったのはなんと私。

これ、あれだ。
基本はダンジョンギルド。
細かいところまで覚えていないので何かが違うのかわからないけれど、イラストが違うことだけはわかりました。
プレイ中はとにかく会話が弾みます。
「ちょっと誰かそこ置いてよ!」
「そこ負けたら全部ダメだよ!」
などと賑やかに遊ぶことが出来ましたw