・雲海
 Sea of Clouds(IELLO:2016)


雲海

空賊船の船長として、配下やお宝を獲得したり、略奪して奪ったりするゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは自分のボードを持ちます。
ボードには、ゲーム中に獲得するカード置き場が描かれています。
場にはターン数と略奪ターンを示す中央ボードを置きます。
ゲームはラウンド制。
手番がきたら、まず中央ボード気肪屬れたカードを見て、獲得するか決めます。
獲得しない場合は、気忙鎧イらカードを足して兇離ードを見ます。
獲得しない場合は、兇忙鎧イらカードを足して靴鮓ます。
これも獲得しない場合は、靴忙鎧イらカードを足して、最終的に山札から1枚引いて獲得します。
全員が手番を終えたら、中央ボード上の船コマを進めてラウンド終了。
船コマが中央ボードの略奪マークを出たら略奪処理をします。
これを繰り返し、船コマが最後の島に到着してラウンドを通常通りやり、最後に略奪処理をしてゲーム終了。
もっとも得点を獲得した人が勝者になります。

ルールを聞いていた時点では、どこにでもありそうな手軽さだけを感じも、早速ゲームスタート。
気離ードを見る。

(んー・・・1枚だとマイナス点か。でもさすがにもう1枚くらい手に入るかな。いやでもな・・・)

考えている時間は30秒。
気忙鎧イらカードを1枚のせて、次の兇鮓る。

(おっ。空賊カードは略奪で必要だからもらっておくか)

「これもらう」

続いてトド吉の手番。
気烹暇臙屬れているので少しは魅力アップだけれど、トド吉は選ばず。
兇離ードを引き取って終了。
ラウンド終了で、中央ボードの船コマを次の島へ動かす。

(2枚あるなら引き取ってもいいよな・・・)

「これ持っていく!」

こんな感じでゲームは進むわけです。
カードは裏面で種類だけはわかるので、前もってある程度決めておくことも出来る。
中には呪われている系もあって、もちろん避けたい。
でも3枚重なったカードのうち1枚がダメでも、残り2枚が集めているカードだったりすると悩むw

ラウンド終了して船コマを動かすも、さっきまでいた島は略奪島。
早速略奪発生で、お互いの空賊カードを比べます。
なんと同点で分け前なし!
空賊カードはすべて捨て札に。

とにかくゲームの展開が早い。
結構長いのかと思ったけれど、目的に向かって走らないと得点にならない。
遺物カードは種類によって得点計算が違い、集めれば集めるほど高得点。
1点集中で集めるも、意外に欲しいものはまわってこない。

そしてあっという間に最後の略奪。
よそ見(笑)している間に、トド吉が空賊カードを増やしていて、まさかの敗北。
盗まれた!

そして最後の得点計算。
だいたい同じかと思ったら、その差4点で敗北。
くやしい!

ものすごく余計なものがないというか、とても簡単なルールなのにおもしろい。
新しいことはないような気がするけれど、その中でも削りすぎてないし、詰め込みすぎてもいないし。
選ばれないとカードを上乗せされるところが、引き取ってもいいかな?と思わせて、それが自爆だったりもするし。
得点源をちゃんと見極めておくことも、頭の隅で忘れないようにしたいし。
慣れると2人で15分。
一息で夢中になって遊んで、結果次第でもう1戦すぐに出来る感じ。
期待していなかったのもあるけれど、これはかなり良い感じ。

ゲームストアバネスト:雲海