・クラブズ
 Crabz(Blue Orange:2015)


クラブズ

自分のカニを最後まで動かし続けることを目指すゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーが使う色をそれぞれ選んだら、ランダムでボード上に配置します。
ゲームはいたって簡単。
手番がきたら、自分の色のカニを隣接に1マス動かすだけ。
ただしカニの移動にはルールがあって、大きいカニは1歩、中くらいのカニは2歩、小さいカニは3歩、必ず移動させなければいけません。
カニはカニコマの上でしか移動を終えなければならず、さらに、動かすコマと同じかより小さいカニの上でしか移動を終えられません。
いくつか重なった場合、移動出来るのは一番上のコマだけです。
手番開始時にいたマスには戻れず、足場のないスペースは通過すら出来ません。
カニは他のカニとつながっていなければならず、2つ以上のグループに分かれてしまうと、小さいグループは波にさらわれ、ゲームから除外されます。
これを繰り返していき、自分のカニを動かせなくなったら脱落。
最後まで残った1人が勝者になります。

ランダムってどうやっていいか悩んだので、今回は巾着使用。
お互い選んだ色のコマをすべて巾着に入れて、取り出しては並べていきました。
いざゲーム開始。

手番で1マス動かすだけなので、淡々と進みます。

「1、2、カチッ」

「カチッ」

「うーん・・・1、2、3、ここ」

会話はなく、ひたすらコマを重ねる音だけが響く。
波ルールをうまく使って分断し、トド吉のコマを除去してあげようと思ったら、なかなか上手くいかない。
そうこうしてるうちに、逆に身動きが取れなくなっていく。
最初の配置を上手く生かして、と思っていても上手くはいかないもので。
自分の大きなコマが2個重なっていたけれど、泣く泣く分断したり。
なんだろう・・・とても静か。

終わりが近付くと同時に、自分が負けるのがわかります。
3、4手番手前でわかると、最後までやらなくてもいいんじゃないかと思ってしまう。
そういうところが、アブストラクトが好きじゃない理由なんだけど・・・
最終的に私が動けなくなって脱落し、トド吉の勝利で終了。

うーん・・・久々に無言になるだけなく、あまり盛り上がらなかったゲームを遊んだような。
もう少しわくわく感があるかな?と思ったけれど、アブストラクトが苦手な理由を再確認しちゃったというかw
BGGを見ると4人がベストになっているので、2人ならこういったゲームが好きな人向けということで。