・ブルームサービスカードゲーム
 Broom Service: The Card Game(alea:2016)


ブルームサービスカードゲーム

安全に薬を運ぶか、勇敢に薬を運ぶか。
他の魔女を上手く出し抜いて、薬を集めるカードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

エキスパート大賞を受賞した「ブルームサービス」のカードゲーム版。
まずは目的カードをシャッフルし、3枚並べます。
これは各ラウンド終了時に達成していれば、得点として獲得出来るカードです。
次に魔女カードをよくシャッフルして、裏向きのカード山をつくります。
カード山からプレイヤー人数分をオープンにし、スタートプレイヤーから順に、最初に持っている薬1枚を選びます。
プレイヤーは、配られたカードの中から異なる魔女カードを1枚ずつ3枚選び、残りは裏向きで置きます。
スタートプレイヤーが3枚のうち1枚をプレイし、「どん欲」か「控えめ」を選びます。
次の人が同じカードを持っているなら出さなければならず、なければ「次」と宣言します。
すべてのプレイヤーが宣言したらフェイズ終了で、カードの獲得判定です。
「どん欲」な魔女は後から出された方が有効で、先に出していた人はキャンセルされ裏向きに。
「控えめ」な魔女は常に安全なので、そのまま自分の前に並べます。
「どん欲」な魔女を最後にプレイした人が次のスタートプレイヤーになり、ゲームを続けます。
全員が手札を使いきったらラウンド終了。
キャンセルされたカードと新しく山札から引いた3枚を自分のカード山に加え、使うカードを3種類1枚ずつ選んで次のラウンドへ。
これを繰り返し、4ラウンド終わればゲーム終了。
集めた薬の得点、目的カードの得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

ブルームサービス、魔法にかかったみたいの特徴といえば、いかに自分だけが得をするか。
最初に選んで受け取ったカードをヒントに、まずはどのカードを集めていくのか選びます。
もちろん目的カードの存在を忘れずに。
達成は早いもの勝ちだし、ゲームを通して3枚しかないのです。
同時なら達成した人は全員得点になるけれど、5点は大きい。
ちらちらと他の人を見ながら、3枚選んだらスタート。

「最初から強気!どん欲で!」

出されたカードを見て、自分の手札を見る。

(ちぇっ・・・持ってないや)

他に誰も持っていなければ、そのままどん欲で自分の前に置けるけれど、そうはいかないのがこのゲーム。

「じゃ、どん欲で!」
「うわー残念」

おやじさん、無念のキャンセルで裏向きに。
でもここで安心は出来ない。
とはいえ私は持っていないので「次!」宣言。

「私も持ってるわ」
「だよねー!」

トド吉も裏向きにしてキャンセル。
最後に出したママだけが獲得w
参加出来ないとちょっと残念だけど、これで私だけカードが1枚多い。
ということは、上手く出せれば何を出しても強気などん欲でいけるはず!

手札が3枚なので、さくさくと出していき1ラウンドがあっという間。
さすがに最初のラウンドでは目的は達成ならず。
熱くなってくるのは次ラウンドから。

新しいカードが足された自分のカード山を持って、今回使うカードを3枚選ぶ。
ちらちらと他の人を見て・・・さすがに1枚獲得した色を優先でくるはず。
だったら少しはずした色を1枚選んでおくか・・・

このカード選びがすべてと言っても過言ではないので、一番時間をかけるところ。
選び終えたら次ラウンドスタート。
自分がスタートプレイヤーだと、どん欲か控えめか悩む。
確実に獲得したいなら控えめ。

「よし、ここは控えめで!」

こうなると、後の人は控えめの流れになるかと思えば、他に誰も持ってなければ断然どん欲なわけで。
持ってるか、持っていないか。
顔色をうかがっても情報は出てこない。
そりゃそうかw
結局、最後の人がどん欲で取って、次のスタートプレイヤーに。

「あ!失敗した!最初に出さなきゃいけない」

そう。出来ることなら最後手番がいい。
でも無理w

あっという間に3ラウンド目。
ある程度薬が集まってきて、こうなると目的カード狙いが激化。
でもそうなると、カードの色がかぶりまくるわけで。
上手くすり抜けたつもりがかぶってたり。
ダメ元で出したら通ってしまったり。
そして上手く薬を集めて目的カード達成が出てくる。
うーん・・・遅れを取ったか。

そして最終ラウンドは、意外にあっけなく終了してしまうのでした。
勝ったのはおやじさん。
さすがだ・・・w

ボードがなくなったことで、あちこちに配達という雰囲気はなくなりました。
でもカードの出し方で一喜一憂出来るし、カードのやりとりだけに特化した分、手軽に感じるというか。
配達ではなく、カードの出し方を楽しむところが好きだった人にはかなりいいかも。
プレイ時間もかなり短縮されたし。
雰囲気というかカードのイラストが良くて、とても楽しかったです。