・ストーンエイジジュニア 
 Stone Age Junior(Hans im Gluck:2016) 2016年ドイツ年間キッズゲーム大賞受賞


ストーンエイジジュニア

さまざまな種類の商品を集め、小屋を3つ建てることを目指すゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

今年の年間キッズゲーム大賞受賞ゲーム。
場の中央にはボードを広げ、ボード外には森タイルを並べます。
各プレイヤーは自分色の開拓地を組み立てて自分の前に置きます。
ボードにはプレイヤーが建てる家と建てるための商品を手に入れる場所が描かれています。
手番がきたら、まず森タイルを1枚めくり、次にその指示に従ってコマを動かし、最後にアクションを実行します。
一度めくられた森タイルは、村マスが出るまでそのまま表向きで置かれます。
ほとんどは対応するマスの商品を受け取ったり、犬マスでジョーカーとして使える犬タイルを手に入れますが、村マスだけは違います。
村マスでは小屋を建てることが出来るので、指定の商品を支払うことで小屋を建てます。
次にすべての森タイルをすべて裏向きに戻し、任意の2枚の場所を入れ替えます。
これを繰り返し、誰かが3つめの小屋を建てたら、その人の勝利でゲームは終了します。

大人なら、森タイルの中身を覚えてしまえば簡単なんじゃ・・・?
そう思っていましたが、そこまで単純なゲームではありませんでしたw

まずは森タイルをめくる。
まさかの最初に村マス。
スタート位置でもあるので、私だけ何も出来ず!
他の人たちは、ダイス目でコマを移動させていたり、各商品のマスへ飛んで商品を手に入れいるのです。
私だけスタート地点w

ゲームはどんどん進んでいくも、出遅れた私といえば、すでにすべての商品を取られたマスだったり、交換マスだったり。
交換するものがなければ何も出来ない!
他の人がめくった森タイルをよく覚えつつ、3枚表になっている小屋から、どれを建てようかどの商品を手に入れるか考えます。
それぞれ持っている開拓地に、建てた小屋をさしていくわけですが、みんなが最初の小屋を建てている頃、私はまだ何もなし。
本当に開拓できるのだろうか・・・

今日は特に回りが悪かったというか。
それでも中盤からは怒濤の小屋ラッシュ。
うまくコストと合わなかったおかげで、商品はある程度ある。
ここに犬タイルを入手出来れば、小屋が建てられる。

資源がボード上から消える頃には、みんなが狙っている森タイルは小屋マス。
誰がめくるか手番順。
じりじりと小屋を狙いつつ、ボード上をぐるぐる回っていきます。
私も2つめの小屋を建てることが出来て、ようやく追いつく。
犬タイルの奪い合いも激化してきた中、3つめの小屋を建てたのはおやじさん。
惜しかったなぁ・・・

キッズゲーム大賞とはいえ、覚えるだけかと思ったらそうでもなく。
自分がどの順番で商品を取り、最後に小屋を建てるにはどの森タイルをめくれば効率が良いか。
ゲーム中、めくられないタイルもあったほど。
狙いが同じ、条件もほぼ同じ中で、いかに狙った小屋を建てていくか熱い戦いでした。
そして何といっても商品の木製コマがいい。
プレイヤーコマも大きめだけれど、牙や魚、りんごなど雰囲気も良かったです。