・ニミット
 Nimmit(Adlung:2015)


ニミット

めくられていくカードの中から、組になるように取っていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

プレイヤーの1人がカードめくり係になり、裏向きでシャッフルしたカードを持ちます。
カードにはウシもしくはヒツジが、頭・胴体・しっぽに分かれて描かれています。
スタートの合図と共に、表にして場にばらまいていくので、その他プレイヤーは1枚ずつ拾っていきます。
カードを取る時は決まりがあり、必ず片手で拾ってもう片手に持ち、3枚毎に動物が完成する順番で。
頭・胴体・しっぽの順番は問いません。
カードがすべて場に出たら得点計算。
取ったカードをそのまま裏返し、3枚ずつ表にしていきます。
ウシもしくはヒツジが完成していれば1点、1頭だけいる黒いヒツジは3点です。
ただし、揃わず失敗した場合はマイナス点です。
全員が1回ずつスタートプレイヤーをやったらゲーム終了。
それまでの得点を合計し、最も得点の高かった人が勝者になります。

まずはトド吉がスタートプレイヤー。
カードをよくシャッフルして手に持ち、私はテーブルを見つめてスタンバイ。

「じゃいくよー!」

合図と共に流れてくるのは・・・トド吉の鼻歌!
しかも某ねずみランドの曲!
曲に合わせて楽しそうにカードをぽいぽいしています。
その間にも私は、胴体・頭・しっぽを取れるように、カードを凝視。

(さっきしっぽ取ったから、残るは頭と胴体・・・あ!胴体出た!)

片手で取って、もう片方の手に重ねる。
残るは頭だけれど、その頭が出てこない。
真剣だけど聞こえるのは鼻歌。
これが何というか・・・邪魔w
待っているのはウシだったのかヒツジだったのか混乱してくる。

噂の黒いヒツジを狙おうと思ったけれど、これがなかなか出てこない。
待っている間にも、テーブルの上にはどんどんカードが散らばっていく。
諦めて、あとは目につくヒツジをひたすら取って、ウシを取って、そして黒!
ところが黒いしっぽは出てきても、その他が出てこない。
横目で気にしつつ、最後の最後で出てきた黒いヒツジを確保して終了。

次は私がスタートプレイヤーで。
そしてやっぱり鼻歌を歌いながらカードをぽいぽいしていくw

実はカードをめくってる方は楽しいんですが、取るほうは難しい。
ゆっくりめくるわけではなく、ある程度のスピードでめくっていくので、一度混乱すると手が止まるw
あっという間にめくり終わり、トド吉の取ったカードチェック。
なんと!2組も間違えていたという。

2人プレイはスタートプレイヤーを2回ずつなので、再びカードをシャッフルして・・・と4回終わってゲーム終了。
結果はダブルスコアで私の勝利。
これは楽しいアドルング。
カードのめくり方でスピード調整出来るので、年齢をそこまで問わない感じです。
こういう賑やかなゲームは好きですw