・イムホテプ
 Imhotep(Kosmos:2016)


イムホテプ

石材を調達してボートで運び、モニュメントを作り、得点を獲得するゲームです。

前回4人で遊んだので、今回はトド吉と2人でプレイ。
プレイヤーは偉大な建築家「イムホテプ」と競って、永遠のモニュメントをつくるのというのがテーマです。
ゲーム開始時、各プレイヤーが持っている自分のストックタイルには、最大5個の石材を置くことが出来ます。
ゲームは6ラウンド。
ラウンド開始時に今回使うボートが決まるので、場所ボードを並べてつくった場から少し離して並べます。
手番がきたら、4つのアクションのうち1つを実行しなければなりません。
ストックから石材を取り、自分のストックタイルに置く。
まだ移動していないボートの任意の場所に石材を置く。
決められた最低個数の石材が載せられたボートを、いずれかの場所に移動し、ボートの先頭からボード上に置いていく。
市場カードをプレイする。
これを繰り返し、4隻すべてのボートが異なる場所に進んだらラウンド終了。
神殿の得点を計算したら、次ラウンドの準備をします。
6ラウンド終了後、最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者となります。

ルールを覚えているうちに遊ばないと!
ということで、早速ゲーム開始。

前回のプレイを教訓に・・・と思ったら、2人だとかなり違う。
そもそも船に石材を載せて待っていても、置いてくれる人がいないw
トド吉はトド吉でさっさと小さい船に石材をのせて、自分で船を動かしてしまう。
それに気付いたのが、最初の船が動いた時(遅
これではいかん!と、自分だけで船を動かし、かつ得点になりそうなところを狙う。
カードなんて二の次。
まずはオベリスクとピラミッドへ。
トド吉はせっせと神殿に置いては得点を獲得していく。
墓室は2人だと、1ヶ所だけ抜けることが出来れば急がなくても大丈夫。
ある程度点差があっても追いつけるはず。
そう考えていました・・・

船の数も違ってくるので、ゲームの進行がとにかく早い。
無駄が許されない状況。
トド吉の思惑を感じ取って、先に手を打たないといけない。
のんびり自分の船をどこへ動かすかなんて考えていると、悲劇的なことにもなり得るのです。

「この船ここへ持っていってあげるね」
「ぎゃー!」

オベリスクばかりそんなに高くなっても困る・・・
なんだろう。
2人だと難易度上がってる感じがする。
おかげで無我夢中。

本当にあっという間に(そもそもプレイ時間も短い)ゲーム終了。
カード取得で点差はそれほどなかったけれど、私の敗北。

なんだろう・・・余裕がなかったw
先に4人で遊んで、その時は手番順や得られる得点など考える時間があったので、その記憶が強すぎたというか。
得点を得られる場所の数は変わらないので、どこかに絞っていかないとだめなのはわかりました。
あと油断してると、1ヶ所に送られすぎてしまうのも。
ついつい散漫気味になってしまったので、それもだめ。
逆に集中しなきゃいけないので、ついつい無口になりやすかったです。