・ドリームアイランド
 Dream Islands(Schmidt:2016)


ドリームアイランド

旅行ガイドとなり、旅行者の目的を達成して得点を獲得するゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

大きなボードはドリームアイランド。
飛行機のイラストと小さな島々が描かれています。
各プレイヤーは、自分の色の目的カードセット、プレイヤーボード、旅行者と貝のコマを持ちます。
目的カードを裏向きでシャッフルして山にし、3枚引いて手札にします。
手番がきたら、プレイヤーボードの数字に貝を置いて移動歩数を決め、旅行者を移動させます。
次に目的カードを達成していれば、達成したカードを捨て札にします。
最後に手札が3枚になるように、自分のカード山から補充したら手番終了です。
これを繰り返していき、誰かがすべての目的カードを達成するか、中央の島に合計6個の旅行者が置かれたらゲーム終了。
達成したカードと中央の島に書かれている得点、ボーナスを合計し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

同じゲームは書かないけれど、前回2人で遊んだ時とはかなり違ったプレイ感だったので書くことにしました。
特にルール変更はありませんでした。

いざ勝負!ということで手札を見ると、今回はだいぶ良い感じ。
と思ったのは序盤だけ。
実は2人プレイだと、誰もいない島が多いんですが、4人はそうもいかない。
コマを進めてみるも、先に出発している人たちが邪魔w

(まぁ、次の手番までにはどいてもらえるだろう)

そんな安易なことを考えていました。
ところが・・・誰もどかないwww
ちょっと待って!そこ邪魔!

実はこれがゲーム終了まで続くのです。
2人の時は早さが勝負だったけれど、4人は早さだけでなく、いかに群衆を上手く利用するかが強い。
そんな中でも、トド吉とおやじさんは、どんどん達成していく。
焦る・・・でも焦っても仕方ない。
ダメそうなら早々にカード入れ替え。
ところが、入れ替える前の条件なら今達成出来るのに!という状況もしばしば。

冷静に頭を切り替えて・・・切り替えて・・・

上手くはまると、一度に2枚達成出来るので、それで何とか追いつこうとする。
がんばれ私!

「こことここ達成でーす!」

カード見せると、誉められて上機嫌。
それでもトド吉とおやじさんのデッドヒートには絡めない。
程なく終了が近づいてきているのを感じる。
みんなが中央の島に集結しつつあり、明らかにトド吉は前回と同じ終了間際の余裕を見せている。
これは終わる・・・ならば、今持っているカードだけでも達成してカッコつけてやる!

そして最後手番。
ママは中央の島へコマを送り込んでいるのを横目で見ながら、私のコマはまだ走る。
このために、さっき移動が全開放されたのだから。
そして、考えに考え抜いて出来たのは、カード2枚達成。

「見て見て!ここにこうしてこうするでしょ?」

「ほら、これでこの2枚達成するの!」

「おぉー!それはすごい!」

ゲームには勝てなかったけれど、すごく誉められて、気分は最高でした。
大人になると、誉められることなんてほとんどないですからね。
さすが長年ショップ経営しているだけあって、扱いが上手というか私が単純というかw

2人と4人では、かなりプレイ感が違います。
とにかく他プレイヤーのコマを邪魔に感じることが多いです。
場に出ている総数が倍になるんですから、そりゃ違うわけで。
自分の手番までにコマ数が変わるかと思ったら、みんな同じことを考えていてコマが残っていたり。
たった1個のコマが、かなりのお邪魔者として生きているなぁと思いました。
2人は2人で、自分の少ないコマをどう分散させ、効率良く動かしていくか考えるので、違った楽しさがあります。