・カレワ
 Kaleva(Mindwarrior Games:2015)


カレワ

フィンランド神話を舞台に、英雄たちの力を借りて、相手のシールドを破るゲームです。
トド吉とプレイ。

大きなボードには、各自手元にカード置き場とお互いのシールドまでの道が5マス描かれています。
お互い同じ内容のカードを持ち、よく混ぜて裏向きの山にしておきます。
ここから6枚引いてボード上に表向きで配置し、お互いのカードを観察、裏向きにして好きな順番でカードをセットします。
手番は交互に行い、手番がきたら、自分のコマ1つをルールに従って1マス移動させるだけ。
移動させて相手のコマがあるマスに入ったら攻撃。
防御側はその列に配置したカード、攻撃側は移動前の列のカードで数字比べ。
より大きい数字をプレイしたほうが勝ちます。
負けたコマはボード上から除去され、プレイヤーの手元に戻り、使用したカードは捨て札にします。
自分の手番がきた時に手番を消費して、コマを1つ復活させることが出来ます。
捨て札にした場所には、山札からカードを引き、新しく裏向きで配置します。
これを繰り返し、相手のシールドに自分のコマを3つ侵入させたプレイヤーの勝利となります。

フィンランドの神々はまったくわからない。
でもコマを動かして、置いたカードの数字勝負なので簡単。
0と1のカードに特殊能力があるので、それを気にしつつゲーム開始。

強気でコマを進めてくる列は、きっと大きい数字なんだろうなぁと予想し、違う列を進ませる。
最初にカードをすべて見ているので、半分は必ず負けるわけで。
6列あるので、どこから進めようか考えつつ。

そして、すごい強気の移動でトド吉が攻めてくる。
ならば迎撃。
カードの数字比べは敗北。
コマは手元に戻ってきたので、次の手番で同じ列に新しく出す。
さっきセットしたカードは数字が大きめだったので、少しは耐えられるはず。
それでも止まらないトド吉。
それもそのはず。
ぎりぎりのところで防御をしたら、なんと攻撃してきたトド吉のカードが1。
1の特殊能力は曲者で、お互いのコマが除去されないかわりに、お互いのコマの場所を入れ替えてしまう。
防御したつもりが、入れ替えでシールドを破られる形にも。

「ここは1だから入れ替えね!」
「違うよ!1のカードはより大きい数字で攻撃された時だけ発動だよ!」
「がーん」

あぶないw
1の効果は、より大きい数字で攻撃された時にしか発動しないのです。

トド吉を蹴散らして、私も何とかトド吉シールド目指して突進。
ところが、途中で隣りの列からトド吉コマが斜め移動。
それを見越して隣りの私コマが爆進。
こうなるよね、という見本通り。

あっという間にお互い2つのシールドを破って同点の最終決戦。
攻め込むトド吉を何度となく防御したけれど、最後の最後で自爆の1。
私のカードが1だったせいで、入れ替えでシールドを破られてしまい、私の敗北で終わりました。

「・・・・・」
「仕方ないねぇ」

仕方ない。
仕方ないのはわかるんだけれど、何となくもやもや。
いや自分が1なのを知っているので、回避しなきゃいけなかった。
それはよくわかってる。
問題は、遊んでいて楽しくなかったというか。
カードの効果といっても1と0だけで、あとは数字比べ。
あとはもうコマを1歩ずつ動かしていくだけなので、アブストラクト臭がして楽しくなかったのは仕方ないかな。
盛り上がりどころがわからなかったなぁ・・・

このゲーム、同じようなゲームでテーマ違いがあるんですよね。
ルールをちらっと見た限り、かなり似ている感じ。
大きく違うところは、お互いの間にあるマスの数。
まぁ作者が同じなので、かなり似ているんだろうなぁと思います。