・フクロモモンガ
 Sugar Gliders(White Goblin Games:2012)


フクロモモンガ

フクロモモンガを上手に動かし、チップを獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードは木。
ここに餌タイルが敷き詰められています。
今回は2人プレイなので、ボードは2人用の面。
そして餌チップも一部は使いません。
ゲーム開始時、プレイヤーのモモンガは任意の1と描かれたタイルからスタートします。
手番がきたら、ジャンプするか冬眠するかを選びます。
ジャンプする場合、今乗っている餌タイルに書かれている数字分、直線に進み、乗っていた餌タイルを獲得します。
冬眠はいわゆるパスで、餌タイルの上にいるならタイルを獲得します。
これを繰り返し、フクロモモンガが連続して全部冬眠してしまうか、ボード上のタイルがなくなったらゲーム終了。
獲得した餌タイルの数字を合計し、最も高い人が勝者になります。

ジャンプしてタイル拾えばいいんでしょ?
ゲームが始まるまではそう思っていました。
けれども、そんな簡単な話ではありませんでしたw

まずは最初のジャンプ。
乗っていた餌タイルが1なので、隣りに1歩。
直線で飛べるうちに4を狙う。
それはトド吉も同じ。
次は4の餌タイルを獲得しつつ4歩ジャンプ。
幸先いいじゃないの!
と、まぁ、ここまで。
続くトド吉が、なんと行き先がなくなってしまっていたのです。
飛べる方向に私がいて、他のプレイヤーがいるマスに入れないし、飛び越すことも出来ないので冬眠。
私も次にジャンプしたら、なんと動けなくて冬眠。
2人とも冬眠で連続したので、ゲーム終了。

「ちょっと!まだタイル3枚しか持ってない」
「これ適当に飛んでちゃダメだ」

お互いに冬眠するしかないなんて、何というダメな展開w
ということで仕切り直し。
せっかく並べた餌タイルは、ほとんど取られることなく再びシャッフル。
今度はスタート位置も慎重に考えて、ここだ!と配置。
そして再びゲームスタート。

今度はお互い順調にジャンプをして餌タイルを獲得していきます。
さっきあまりにもすぐ終わってしまったトラウマなのか、数字が大きい餌を狙う私。
これ失敗w
ある程度餌タイルが減ってくると、必然的に餌のない枝に着地。
この場合、獲得した餌タイルを捨てることで、その数字の分ジャンプ出来るのです。
捨てなきゃ冬眠。
まだ1や2の餌タイルがあるうちはよかった。
何度も繰り返すうちに、手元に残るのが3や4。
捨てるのもイヤだけど、冬眠したらトド吉も冬眠してゲーム終わりにされる。
明らかにタイル枚数で負けているので、ここで冬眠するわけには・・・

ぎりぎりまで粘ったけれど、捨てた餌タイルと獲得した餌タイルの差分が1とか。
結局動けなくなり冬眠を言うだけの機械に。
その後トド吉は楽しそうにジャンプして、きれいに餌タイルを回収していました。
もちろん、10点差で敗北。

ちゃんと考えないとダメだ。
とはいえ、相手の動きも予想しつつ現在地を取らないと。
そこがなかなか上手くいかず、もっとゆっくり移動出来るルートを探せばよかった。
でも何も考えず、瞬殺で終わってしまったのも楽しかったですw

ゲームストアバネスト:フクロモモンガ