・ダイスシティ
 Dice City(Artipia Games:2015)


ダイスシティ

ダイスを使って自分の都市を発展させ、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、ダイスを各色1個ずつと自分の都市となる大きなボードを持ちます。
ボードには初期建物が描かれています。
ボード外周には、横にダイス目、縦に色が描かれていて、それぞれのダイス目に対応しています。
ゲーム開始時は、準備の段階でダイスを振って対応する場所に配置しています。
手番がきたら、まずボード上に置いたダイスを使ってアクションを実行していきます。
次に攻撃ステップで、攻撃力があるなら、他プレイヤーの倉庫や建物、蛮族に攻撃することが出来ます。
そして建設・交易ステップでは、コストの資源を支払うことで、新しい建物を入手したり交易することが出来ます。
最後に次手番用にダイスを振ってボード上に配置し、持ち越せる数以上の資源を捨てて整理したら、手番終了です。
これを繰り返し、ゲームの終了条件を満たしたら、スタートプレイヤーの右隣りの人まで手番をやってゲーム終了。
得点計算をし、最も得点の高い人が勝者になります。

ダイスは振るだけで楽しい私。
早速ダイスを振り、対応する場所に並べてゲーム開始を待ちます。
その間に、並べられた建物などをチェック。
もちろん、勝利点が描かれた建物を狙いたいけれど、意外にコストが高い。
こうなったら・・・軍事重視で蛮族狙いか・・・

なんて心の声が聞こえたのかどうかはわからないけれど、ダイス目もなぜか軍事のとこばかりw
資源が出ても、石ばかりだったりと偏る。
こういう時は、パスしてダイスをボード外に出しトークンをもらう。
このパストークン、2個あればもう1アクション出来たりするので便利。
トド吉は資源の建物を強化することで、毎回資源が豊富に。
それを上手く使い、さらに資源徳化の都市につくりかえていく。
こういうゲームを2人で遊ぶ時は、同じ方向狙ってもダメ。
ひたすら軍事徳化で、都市が赤く染まっていくw
交易の得点も大きいけれど、蛮族だって負けていない。
たまたま資源が揃って、一番安い交易をしたことで、やはり軍事に寄せたほうがいいなと再認識。
攻撃力をどんどん強化して、ある程度何が出ても攻撃出来る態勢が整えば、弱い蛮族なら一瞬。
これでどんどん得点獲得を狙う。

対するトド吉は、資源があふれそうになるほど資源都市。
どんどん建物に手を出し、その建物をつかって資源をたっぷり得て交易。
地道な蛮族退治とどちらかが強いか。
展開次第なので、中盤ではまだわからない。

後半になると、トド吉も少しは軍事強化してくる。
あまりに無防備だと、私に狙われて資源奪われるから。
というのも、蛮族に攻撃出来るほど攻撃力がなかったトド吉は、私の倉庫を度々襲撃して、少ない資源を奪っていっていたという。
やられたらお返しをしないとねw

ゲーム終了フラグをたてたのは私。
蛮族すべてを倒してゲーム終了。
得点計算をしてみたら、意外な僅差で私の敗北。
やはり軍事だけではダメだったかな。
もっとトド吉の建物を攻撃しておけばよかったかな。
などと考えつつ、でもやはり軍事が好きだなぁと思うのでした。

ダイスを使った都市つくりといえば街コロ。
同じかな?と思ったら、まったく違いました。
出た資源を使って投資し、さらに強い都市をつくっていく。
それでいて、プレイヤー間の絡みも多く。
何を柱として進めていくかには、その日のダイス運もあるとは思いました。