・アニマル・オンボード
 Animals on Board(eggertspiele:2016)


アニマル・オンボード

動物たちを自分の箱舟に乗せ、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分の箱舟と食料箱を1個持ちます。
ゲーム開始時は、タイル3枚から1枚を選んで箱舟に乗せます。
まず場に表向きと裏向きで規定枚数のタイルを並べます。
今回は2人プレイなので、表向き8枚と裏向き1枚。
次にプレイヤーの手番で、動物の集団1つを分割するか、集団1つを自分の箱舟に乗せるかを選びます。
分割する場合は、場に並んでいる動物タイルの集団を分割し、食料箱を1個獲得します。
箱舟に乗せる場合、1つの集団すべてを乗せなければならず、動物タイル1枚につき1食料箱を支払い、その後ラウンドから抜けます。
誰かの手番が終わった時、ラウンドに残っているプレイヤーが1人になったら、そのプレイヤーがもう1手番やりラウンド終了。
これを繰り返し、ラウンド終了時に誰かが10枚以上の動物タイルを獲得していたらゲーム終了で得点計算です。
獲得した動物タイルのうち、ちょうど2枚組になっている動物はノアの箱舟に乗せられてしまうので除去。
その後、箱舟の定員10をこえるタイルを除去。
残った動物タイルで単体のものは書いてある数字、3枚以上は動物の群として1枚5点で計算します。
最も得点の高い人が勝者となります。

最初にランダムでもらった動物タイルから、選ぶのはもちろんパンダ。
トド吉が何を選んだのかは知らない。
動物を引き取るには食料箱が必要なので、最初は必然的にタイルを分けることに。
とりあえず2分割。
それに対してのトド吉の分け方をみて、何を持っているのか想像します。

「ここで分ける」

・・・欲しい動物がなかったらしいw
私はパンダが欲しいわけで。
悟られてはいけないし、とりあえず何をもらってもいいのでそっと分ける。
分けることで食料箱を得られるので、そろそろお互いに引き取ってもいい頃。
好きなものは最後に残すタイプだけど、それで失敗したことは数知れず。
ここはどーんとパンダが入ってる動物タイルを引き取る。
そして自分の船に並べる。
トド吉も残るタイル群から引き取っていく。
食料箱がなくなってしまったので、また分けるところから。

これを繰り返していくわけですが、何といっても2枚組にしちゃいけないこと。
何がなんでも3枚目が欲しい。
でも分け方によっては取られちゃう。
むしろ1枚だけとか押しつけてやるくらいの気持ちが大切。

とりあえず3枚組が見えてきたので、あとはどの動物を引き取るか。
たとえいらなくても、引き取ったからには3枚を目指したい。
トド吉が集めているなら、いらない動物を押しつけて分ける。

そんなことを考えながら、せっせと分けては引き取ってを繰り返していたら、あっという間にゲーム終了。
そして得点計算に入るけれど、まずはノアの横取り判定w
2枚組は持っていかれちゃうんだから、何という理不尽。
そして残ったものから、10枚をいこえていれば捨てる。
残りでいざ勝負。
3枚組を2セットつくりながら、数字の高い動物を入手していたのがよかった。
その差で私の勝利。

手軽な切り分けゲームだけど、自分や他の人の得点に関わってくるから悩ましい。
欲しい動物ほど、なぜかいらない動物につけられてしまったり。
切り分けを楽しみながら、動物を集めるゲームとしてはかなり楽しかったです。
あと各プレイヤーが持つ箱舟も、かなり雰囲気が出ていてよかったです。