・レルムオブワンダー:連合軍
 Allies: Realm of Wonder(Mindwarrior Games:2015)


レルムオブワンダー連合軍

カードを出して領地カードを入手することで、ポイントを獲得するゲームです。
トド吉とプレイ。

場には取り合う領地カードが5枚。
それぞれ自分が決めた2種類の種族カードをよく混ぜ、自分の山札をつくります。
そこから5枚引いて手札とします。
目的は、中央に並ぶ領地カードを入手していくこと。
中にはマイナス点の領地もあるので、いかに相手に押しつけつつ、自分ではポイントになる領地カードを取得していきます。
ゲームは4ラウンド。
まずは領地カードが5枚になるように補充。
次にプレイヤーの手番で、カードをプレイし、カード効果を発動、最後に自分の山札からカードを補充を交互にやり、お互い5回やったらラウンド終了。
出されたカードの数値を比べ、領地を動かします。
これを4ラウンドやってポイントを計算し、高いほうが勝者となります。

私が選んだのはイエティとドワーフ。
対するトド吉はゴーレムとウィザード。
先手は私でゲームスタート。

とはいえ、最初は何を出しても場にカードがないので、効果がないカードをそっと出す。
数値は3。
どうせ後から出すトド吉に下げられるのはわかっているからw
そしてトド吉がカードを出してきて、案の定カードには赤い印が。
青ならカードを回転させて数値を上げられるけれど、赤は下げることが出来るのです。
そして私の出していたカードは2に。
ラウンド終了時は、単純にお互いが出している数字を比べます。
それぞれ上限・下限はあり、カードによって2の次が4だったりと違ってきます。
カードの上下、時に種族が持っている特殊効果を使いながら、対決していくわけです。

まさにやったらやられるの状態で、ある程度見越してカードを置いていかないとダメ。
ラウンド終了時には、出したカードも手札もすべて捨て札になるので、遠慮なく使っていく。
あっという間にラウンド終了。
いざカード比べ。

領地カードには矢印が描かれていて、スタート時は中央を指しています。
その領地に対して出されているカードの数字を比べ、大切なのは差分。
1つなら矢印が強かったほうを向くだけ。
2つだと1つ目で強かったほうを向き、2つ目で領地を取得出来るのです。
一旦相手のほうに向いてしまった領地を取るには、差が3はないと無理。
このあたりも踏まえてカードを出していたけれど、いくつかはトド吉のほうを向いてしまう。

続く2ラウンド目は先手はトド吉。
さっきの仕返しとばかりに、手札から強そうなカードをどんどん出していく。
何とか私のほうを向いた領地があったけれど、2枚はトド吉の手に。
でもそのうち1枚は、取得するとマイナス点の領地だったり・・・w

そして、3ラウンドが終わり、まだ1つも領地を獲得出来ていない私。

さすがにまずい・・・
でも領地はかなり私のほうを向いている。
最後に一発逆転あるかもしれないし・・・

吼えろ私のイエティ!(あとドワーフ)
4ラウンド目は後手番。
がんばれ私。

結果は・・・惨敗でした。
あっちの数字を気にしていると、こっちが下げられていたり。
せっかく上げたのに、あっちも上げてきたり。
変わる場に合わせてカードを選んでいくのは簡単なのに難しい。
そして負けると悔しいw

種族によって数値が大きくて、一見すると強そうに見えても、特殊効果を発動させるための宝石が少なかったり。
やりこめば、どの種族が強いとか判断出来るんだろうけれど、私はその時その時で好きなのを使いたいなーと思うのでした。

実はこのゲーム、大箱のほうを遊んだことがあり、正直まったく期待していませんでした。
何せ4人で遊んで泥沼だったのでw
2人対戦はどう変わったのかと思ったら、まったくの別ゲーム。
テーマだけ同じ感じです。
2人用とはいえ、決まったターンで終わるので好印象。
その中でも短いプレイでの足の引っ張りあいというか、自分優位にするため全力集中の部分で、こっちの方がおもしろいと思いました。