・チャーリーのキッチン/マウスマウス
 Mmm!(Pegasus Spiele:2015)


ムムム

お客さんに料理をふるまうため、黒猫に見つからないうちにすべての食べ物を食料庫から持ち出すダイスゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードは両面仕様になっていて、裏面はより難しい設定。
描かれているのは、食料庫に散らばる食べ物と黒猫が進んでくるキッチン。
黒猫が食料庫に到達する前に、全員ですべての食べ物を持ち出します。
食べ物はそれぞれ、いくつかのマス目で区切られていてます。
手番がきたら、まずダイスを3個振ります。
少なくとも1個をボードに置くことで、やめるか振り直しの選択が出来ます。
1個も置けなかったら、黒猫を1歩進めて手番終了。
ダイス3個すべてをボードに置くか途中でやめたら、食べ物を巣穴に持ち帰る時間で、置いたダイスをすべてネズミチップに取り替えます。
この時、ある食べ物のマスが完全に埋まったら、黒猫は動きません。
そうでない場合は、黒猫が1歩進みます。
そして次の人の手番です。
これを繰り返し、黒猫が食料庫に到達する前に、すべての食べ物を持ち出せたらプレイヤーの勝利。
すべてを持ち出す前に、黒猫が食料庫に着いたら敗北です。

ダイスゲームとなれば、テンション上々。
ダイスを握る手に力が入ります。
簡単な面だし、あっという間に成功しよう!ということで、ゲームスタート。

まずはダイス3個を振る。
出た目はチーズ、チーズ、魚。
チーズは2マスのところがあるので、振り直しせずにそのまま置く。
チーズ1つが埋まったので、黒猫は進まない。
振り直して×さえ出なければ、どこかの食べ物を手付け出来る。
幸先いい出だし。
次にトド吉がダイスを振ったところで気付く。

「赤い×が出てるんだけど、振り直していいのかな?」
「特にダメとは書いてないし、1個は置けるからいいんじゃないの?」

1つでもボードに置けるなら、振り直しもやめるのも可能になっているので、ここは振り直し。
どちらにしても1つの食べ物すべてのマスが埋まらなければ黒猫は進むわけで。

簡単なダイスゲームなので、どんどんゲームは進んでいきます。
ただし、持ち帰れば持ち帰るほど、ボードがネズミチップで埋まっていくので選択肢がなくなってくる。
終盤は相談も加熱。

「これチーズ確保して、残りは魚にかけてみるってどう?」
「それがベストだよね」

まぁ、そう上手くはいかないわけでw
急に移動速度をあげた黒猫との勝負。
それでも黒猫残り4歩のところでクリア!
ルールブックによると「上出来!」だそうです。

続けて裏面で。
ムムム裏面
見た瞬間わかる食べ物の長さ。
全体のマス目は同じ数なので、食べ物1つあたりが長いということは、数が少ないということ。
そう簡単には完成させてくれなそうです。
一応2マスで完成するものもあるので、序盤は黒猫が進んでもいいからと最後まで振り直し。
5マス分ある魚が憎いw
置けるところは率先し、たまには黒猫に気を遣いつつ進めていたら、長いきゅうりと長い魚が残る。
ついでにニンジンも残るものだから、自分たちで選択肢の幅を狭めてしまっているという。
そして訪れるまさかの展開。
ダイス
ぎゃー!
説明書には、最初にこれを出すと何も出来ず手番が終わると書かれていたけれど、本当にこんなことあるんだ・・・
がっかりもしていられず、必死になって相談しつつ進めた結果、何とかぎりぎりでクリア。
黒猫の食料庫到達まであと2歩でした。
危ないw

表面だと選択肢も多く、相談しつつ楽しめるんですが、中盤以降の急激な選択肢のなさは厳しい。
黒猫はあっという間に進んでくるし、置けるマスが限られているのにダイスは言うこときかないし。
でもこれなら低学年のお子さんでも遊べるし、楽しいゲームだなぁと思いました。
そして裏面はやはり厳しいw
食べ物マスすべてが簡単に埋まらないから、黒猫の移動がすごく速い。
次は拡張ルールの難しい制限を導入してみたいと思います。

ゲームストアバネスト:Mmm! チャーリーのキッチン