・さんマニア
 DREIst(Ravensburger:2016)


さんマニア

自分のカードをすべて出し切るのが目的のカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場には1から8までの台札カードが横1列に並びます。
各プレイヤーに枚数が同じになるようにカードを配り、配られたカードは見ないで裏向きのまま山にして自分の前に置きます。
このカード山をなくすのが目的。
手札は5枚で、手番終了時に使った分を補充していきます。
手番がきたら、手札から場にカードを出すだけ。
ただし配置にはルールがあります。
すべて台札と数字が合うように、そして直接もしくは間接に台札とつながっている。
横列に違う色を隣接させられない。
周りにカードが配置されてなければ、必ず2枚以上のセットにする必要があり、すでに置かれているカードに隣接出来るなら1枚出しも出来る。
同じ色横3枚組、違う色の縦3枚組が出来たら、直ちに山札からカードを引いてすぐ使うことも可能。
そして、手番で手札をすべて置ききったら、「さんざんなプレゼント」として、任意の他プレイヤー1人に自分のカード山から2枚押しつけます。
これを繰り返し、誰かが自分のカードすべてをなくしたら、その人の勝利でゲーム終了です。

「七並べ?」
「いや、違うよ?」

七並べに思えたわけでw
ちょっとどころか、かなり違います。
まず1枚単体で好きなところに出せない。
置いてあるカードがあれば1枚出しも出来るけれど、それは横並びか縦並びじゃないとダメなわけで。

「赤の2と3を横並びで出す」

「そして紫の3も出して終わり!」

意外に出せない・・・w

(おっ。あの6に隣接させればこれが出せるから、こっちも・・・)

一応考えているけれど、縦列3色で場が流れてしまうのが痛い。
横も出そうと思ったけれど、3色そろった時点で流れる。
かといって、横を先に出しても横3枚で流れる。
そして、単体では出せない。
意外な難しさ。

それでもある程度カードが広がってくると、やってくるのが手札使いきりチャンス。

「ここに出して、こっちにこれとこれ出して、ここにも出せて、手札使いきった!」

自分のカード山から2枚をそっとトド吉のカード山にのせる。
その後、すぐに同じことをやられ、結局戻ってきたけれどw

そして割とあるのが何も出せない。
こういう時は、手札から1枚を捨て札にして、山から1枚引いて終わり。
必ずしも良いカードが引けるとは限らないけれど、やることがないのだから仕方ない。

慣れてくるとどんどん楽しくなってくる。
考えたって仕方ないし、考える時は3枚組の時だけ。
とにかくカードを減らさないと話にならない。
夢中になって出し続けていたら、自分のカード山が尽きる。
残りは手札。
少ないカードでは、出せる場所が限られる。
なかなか出せないままでいたら、トド吉も山札が尽きる。
ここからはチキンレース。
トド吉が先か、私が先か。
結局、私が残りカードをすべて出してゲーム終了。

カードを並べていくだけ。
それなのに楽しい。
3枚組でカードを山から引くかどうかの選択肢も良い感じ。
手札を使い切れそうなのに、うっかり引いた1枚が出せなくて残ったり。
ちゃんと自分の中で調整が必要。
とはいえ、そこまで難しいゲームではないので、わいわい盛り上がって遊ぶのが楽しいかと。