・大いなる狂気の書
 The Big Book of Madness(IELLO:2015)


大いなる狂気の書

協力して魔導書を1ページずつ封印していき、最後のボスを倒すゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーマは、プレイヤーたちは強力なモンスターが封印された魔導書をうっかり開いてしまった魔法学校の生徒。
魔導書を1ページずつ封印していって、最後のボスは必ず封印しましょうというもの。
難易度は3種類から選べます。
各プレイヤーは、キャラクターを決めてプレイヤーボードと初期呪文カードを持ちます。
選ぶキャラクターによって得意分野があり、最初に持つ元素の構成が違います。
最初に受け取った元素カードをシャッフルして自分のデッキをつくり、そこから6枚引いて自分の手札とします。
ゲームは本の最後のページが出てくるまで続き、各プレイヤー毎に4つのフェイズをプレイしていきます。
手番がきたら、まず精神統一フェイズで、消耗した呪文を戻します。
次にモンスターフェイズで、召還マーカーを進めて効果を適用します。
召還マーカーが1周して召還スペースに到達すると、呪いが残っていればペナルティを受け、残っていなければボーナスが入ります。
そして、新しいページがめくられます。
アクションフェイズでは、呪文を発動、新しい呪文を習得、元素カードを獲得、呪いを破壊する、狂気カードを治療するの中から、支払う元素カードがある限り好きなだけ実行します。
最後に回復フェイズで、手札を6枚に調整します。
これを繰り返していき、最後のページがめくられ、最後のモンスターを打ち負かすことが出来れば全員勝利。
狂気カードを受け取る必要があるのにストックが空だったり、全員が狂気に陥り脱落すると敗北です。

とりあえず、自分のデッキが空になるたび狂気カードが加わる仕組み。
デッキ構築なので、狂気カードを増やしすぎると、手札全部が狂気で脱落の危機。
さらにストックの狂気カードがなくなっても負け。
なかなか手厳しい。
とりあえず、難易度は簡単で。
セットアップで本をつくっている時が、一番のんびりしていてワクワクします。

簡単モードだし、かなり楽なはず!とゲーム開始。
始まってみると、まずは自分のデッキを充実させようとか、そっちに考えがいきます。
といっても、デッキが空になってリシャッフルしなきゃいけない時は、自動的に狂気カードがやってくる仕組み。
最初は楽な気持ちではじまったのでした。

ところが、ページがめくられ呪いが出てくると、とにかく相談。

「私、これならいける!」
「こっち誰かどう?」
「無理無理!」

あっという間に雲行きが怪しくなってくる。
手札が思うように偏っていかないし、狂気カードがすごい邪魔。
しかも常にストックを気にしてなきゃいけなくて、アクションで狂気カードをストックに戻したり。
そんな涙ぐましい努力の成果は出ず、あっという間に敗北。

「うわ・・・これダメなやつだ!」
「ちょっともう1回!」

今度はキャラクター選びから慎重にw
いくら最後のモンスターさえ封印すればいいとは言っても、呪いの効果がじわじわとくる。
細かいルールの疑問点をしっかり解決して、いざ再戦。

今度はかなり協力体制が整って、順調にモンスターを封印しながらボーナスをもらう。
ぎりぎりのところでも、お互い声を出し合って、まるで運動部みたいw

「あー!ストックの狂気が減ってるから戻したい」
「これいけるけど、誰か1枚助けて」
「こっちやるから、ここお願い!」

展開が早いというか、ちゃんと倒せるタイミングがあるので、そこに向かって全員が走って行く感じ。
もちろん、元素カードはそれぞれ何かに偏らせる方向で。
とはいえ、展開次第で必要な元素を必要なだけ。
あとは自分ボードにサポートにカードを置いたり。
これで確実に必要なだけ集めていく。
もちろん新しい呪文も着実に入手。
今度こそいける・・・!

そして最終ボス登場。
これを急いで対応というか封印しなきゃいけない。
このあたりでだいぶテンションも上がっている。
しかし、すごく、すごーく惜しいことに、本当にあと一歩のところで呪いを消すことが出来ず敗北。

「うわー!今の惜しかった!」
「いけると思ったのに!」
「惜しい!」

あと少しでクリア!が見えた瞬間に、どうにもならないことがわかった時のがっかり感・・・w
そして敗北はかなり悔しい。
でも意外に体力を使ってしまい、もう1回遊ぶのは無理でした。
簡単でこれだと、普通ですらつらそうな・・・呪いの出方によるのかなぁ?

本型のマーカーが雰囲気いい。
そして、カードを重ねることで本に見え、ちゃんとページをめくるという雰囲気に出来上がっているのもいい。
テーマに合っているので、目で見ても遊んでみても楽しいです。
それにしても・・・これは1回くらいクリアしてみたいところ。