・ハーバー
 Harbour(Tasty Minstrel Games:2015)


ハーバー

4種類の資材を入手して売却し、建物を建てていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲーム、ルールはとてもシンプル。
手番がきたら、空いている建物を選んで自分のマーカーを置き、効果を発動させるだけ。
建物は、各プレイヤーが持っているプレイヤーボード、購入することが出来る場に並んだカード、自分を含め誰かが購入して手元に置いているカードが使えます。
他プレイヤーが購入したカードの建物を使う時は、使用料として資材を1つ払わなければいけません。
資材は石・木・魚・牛の4種類。
それぞれ市場に価格が表示されていて、売却する場合は最低個数が決まっています。
資材を手に入れて、ある程度たまってきたら売却し、その金額で建物カードを買います。
おつりは出ません。
誰かが建物を4軒購入したら、残りの人たちが1手番ずつやりゲーム終了。
建物の勝利点とボーナスを合算し、最も得点の高い人が勝者になります。

ここの会社のゲームといえば、クローズ情報がほぼない、胃にずっしりくるゲームという印象。
ところがこのハーバー、かなりルールが簡単。
あとは資材の入手タイミングと売却タイミングがすべて。
カード効果は場に並ぶたびに確認すればいいので、早速ゲームスタート。

私が先手番ではじまるも、ちょうどいいカードが場に並んでいる。
早速自分のマーカーを置き、現時点で価格が高い魚を1つ増やす。
次の手番ではこの魚を元に、他の資材2種類を増やすことが出来る(かもしれない)。
資材の価格は変動制。
誰かが売却すると、相場が変わります。
さらに、売却するための最低個数が決まっているので、結局はどれも$1。
ただし市場で5個以上売却なので6個売っても手に入るのは$5なので、ちょっと損をするのです。
カードの価格も微妙な価格で、$1のために何か売らなきゃいけなかったり。
おつりが出ないので、最低限出来ればぴったりで支払いたい。
建物値段と市場を考慮して、地道に資材をためこんでいざ!という時に限って、その前にトド吉が売却して相場がかわってしまったり。
これはもう悲鳴w
自分の建物だけ注目していてもダメだということがわかります。

(あ・・・あれとあれを売却するとあの建物買えるから狙ってるな)

ちらちらとトド吉のボードを眺めては考えます。
カードも購入されると補充するけれど、効果が自分の欲しいものなのかはわからない。
高い建物ほど勝利点も高い。
でも・・・楽しいw
どれを増やすか相場を見ながらちまちまと資材を増やし、どうしても上手くいかない時は、建物効果で相場を変動させたり。
目標金額で売却出来る時を狙って売却、そして建物購入。
こういうお買い物ゲームはかなり好みなので、夢中になって無駄なくさっさとw

そして、お互い3軒建てた時点でリーチ。
どっちが先に4軒目を建てられるか勝負。
ここで、資材の交換パワー炸裂。
自分の建物は売却と建築で使うので空けておいて、トド吉の建物を勝手に借りて、購入資金が揃う。
そして、$7払って4軒目を購入。
トド吉ラスト手番で何とかなるかと計算するも、資材を売却してもまったく足りない。
そのまま資材を増やして手番が終わり、私の勝利で終了となりました。

これ楽しい!
人数が多いと、もっと相場が変動して悲鳴も大きくなるだろうけど、2人なので本当に黙々と。
しかもプレイ時間が30分かからないというか、あっという間に終わるので、続けて何回も遊べるし。
カードも全部は出てこないので、遊ぶたびに少しは変わってくるというか。
単純な相場を見ながらお買い物するゲームとしては、かなり良いんじゃないのかな。
ルールは簡単だし、大切なのはプレイヤーの相場感だけ。
想像以上に楽しいのと勝って気分が良くて、ついついもう1回!になったのでしたw