・ブースト!
 Boost!(Ferti:2015)


ブースト

同じカテゴリに属するカードを素早く指さしするゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

丸い缶入りのこのゲーム、カードももちろん丸いです。
カードには1つだけ「何か」が描かれています。
プレイヤー全員が同じ枚数になるようにカードを配りきり、余ったら除外。
カードを裏向きの山にして、自分の前に置きます。
ゲームは全員同時に、カード山の一番上をめくって場に置きます。
めくられたカードの中で、同じカテゴリのものを探して指をさし、該当するカテゴリを宣言します。
合っていればそのカードを得点として獲得し、間違えたらこのラウンドはお休み。
同じカテゴリのものがなければ次ラウンドへ。
再びカード山の一番上をめくって場に出すところから始めます。
これを繰り返し、山札が尽きたらゲーム終了で、最も多くカードを獲得した人が勝者となります。

今回は2人プレイなので、1人2つずつカード山を持ちます。
カードをめくるタイミングは3まで数えてめくりますが、2人なので「せーの!」でめくる。

「せーの!」

同じカテゴリ同士を見つけたら、素早く指さし宣言。

「フルーツ!」

当たっていれば、指をさしたカード2枚を得点として獲得。
これで終わりではないのです。
他のカテゴリが残っているかもしれないので、素早く得点にして再び場を凝視。

「あ、これ宝石!」

同じカテゴリがなければ、再びカード山からカードをめくる。
すごく簡単なんですが、イラストが間違えやすい。
デザートだと思ったらキャンディだったり、動物かと思ったらモンスターだったり。
間違えやすいというか、カテゴリが10もあるので覚えられないというかw
場に同じカテゴリが3枚出ていると熱い。

「これ建物!こっちも!」

3枚とも指さして得点獲得。
毎回カテゴリリストで確認しつつ。
あっという間にゲーム終了。
お互い獲得したカード枚数を調べると、ダントツで私の勝利。

イラストがかわいい、そして間違えやすい。
スピードのゲームなので、場にカードが増えてくると、どんどん視界を広げないと見落とします。
目で見てカテゴリ分けする感じなので、難しくないけれど楽しいのがよかったです。


・ゲームストアバネスト:ブースト