・スライダイス
 Sly Dice(Brain Games:2015)


スライダイス

他のプレイヤーに見られないように、ダイス目で役をつくって得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ダイスを振って役を作っていくゲーム。
これだけ聞くと普通なんですが、このゲームには衝立がついています。
自分が振ったダイス目は、自分だけが見るのです。
ゲームはラウンド制で、今回は2人プレイなので8ラウンド。
まず共有ダイスを振り、次に各プレイヤーは衝立の手前でダイスを振ります。
振り直しは2回までで、振り直すたびダイス1個を衝立の外に出して見えるように置きます。
ますはスタートプレイヤーの手番で、場に並んだ手役カードの中から、どの役が出来ているのか宣言します。
それに対して、他のプレイヤーは順番にダウトするかパスするか選びます。
ダウトしたのに役が出来ていた場合、宣言したプレイヤーは失敗カードを1枚受け取ります。
役が出来ていなかったけれど、誰にもダウトされなかった場合は特に何もありません。
そして得点計算。
ダウトされたけれど役が本当に出来ていたら、もしくは誰にもダウトされなかったら、そのカードの上に自分のマーカーを置き得点をメモします。
ダウトされなかった場合、ダイスを公開する必要はありませんが、実は役が出来ていなかった場合ブラフ成功で成功カードを1枚受け取ります。
得点計算が終わったら、左隣りの人に手番が移り、全員終わればクリーンアップ。
ダイスを戻し、場の役カードを1枚追加したらラウンド終了。
規定回数のラウンド終了後、獲得した得点にカードの得点をあわせ、もっとも得点の高い人が勝者となります。

要は・・・ダウトをかけられないように振る舞って、役が出来てなくても得点獲得すればいい。
他の人のブラフは強気で見破ればいい。
単純に言えばこんな感じ。

まずは共有ダイスを振られる。
3と4と6。

ということは・・・偶数の目だけの役はつくれない。
自分も同じ目を揃えれば、つくれる役はある。

などと心の中でチェックしつつ、気合いを入れて自分のダイスを振る。
ここで単純に「出来た!」と喜ぶのもよし。
6を避けて振り直すもよし。
ということで、1個避けて振り直し。

「うひょー!」

おおげさに声をあげて喜びながら、にやけ顔でトド吉を待つ。
彼はせっせと振り直していた。
2個見えてるので最後のチャンス。
ダイス目はどうなったのか・・・一瞬顔に出てたから失敗だな、あれ。

先手番のトド吉が「これ出来た」と指を指している。
「はいはい、ダウト!」
残念そうな顔で衝立をどかすと・・・失敗してるw
当てたとしても何ももらえないけれど、これを通してしまうとトド吉がプラス点になるカードを入手してしまうんだから、言わないではいられない。
そして私が「これでーす!」とにやけ顔。

「え?うーん・・・えー・・・パス」

トド吉がパスしたので、私は役が出来ていたということで得点。
そして得点計算なので衝立をどかし「実はブラフでしたー!」
「あー!」
はい、プラス点になるカードゲット。
マイナスになる失敗カードもそうだけど、1枚目は10点、2枚目は15点と増えれば増える仕組み。
逆に失敗カードは、1枚目−10点、2枚目は−15点と増える仕組み。
下手な役つくるより高得点。

ゲームは進み最終ラウンド。
お互いなかなかダイス目が揃わず、2回目の振り直し。
ここで私ははずれ。
トド吉はどうなったのか・・・まずは私の宣言から。

「これ!」
「いやブラフでしょ。ていうかブラフって言うしかないじゃん!」

あ、はい・・・ブラフです(´・ω・`)
続いて私の宣言。

「どうせ出来てないでしょ?ブラフ!」
「ひゃっはー!出来てました−!」

うわぁ・・・
この1回でまんまと逆転負け。

「はいはい。もう1回やるよ!」
せっせとセットアップして、続いて2戦目。
今度は私の勝利!
ダイス神は私を見放してなかった!
一発で6が揃った時は鳥肌たちますw

終わればまたセットアップして・・・と、なぜかやめられないんです。
すごく地味。
ダイスで役をつくるだけで、ブラフ要素を足しただけなのに。
さすがに3回目が終わった時、トド吉から「もういいでしょ?」と言われてしまいました。
何が私にヒットしたのかはわからないけれど、ずっと遊んでいたいわけで。
それが何なのかはいまだにわかりませんが、書いているうちに遊びたくなってきたのは事実ですw

・ゲームストアバネスト:スライダイス