・マスターフォックス
 Master Fox(IELLO:2015)


マスターフォックス

見えない状況で任務を達成して、卵を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲームはいたって簡単。
毎ラウンド、カードで指定される3つのお宝を手探りで探すだけ。
ただし、プレイヤーはキツネの面をつけて何も見えない状態で、お宝を探すのは片手を使います。
お宝をつかむ手を「利き手」とし、使わない手を「ずだぶくろ」とします。
利き手で取って、ずだぶくろで持つ形。
ずだぶくろに3個もしくは4個のお宝を持った人が「ストップ!」と言ったら、ラウンド終了で得点計算。
成功したお宝1つは+1点で、カードに描かれていないお宝は−1点。
合計して獲得した点の数だけ、卵を獲得します。
2ラウンド目以降は、策略コマと呼ばれる特殊能力のあるコマが追加投入されます。
これを繰り返し、誰かが卵を10個獲得したら、ゲーム終了。
最も多く卵を集めた人が勝者となります。

キツネの仮面を選ぶところから、ゲームは始まっているのです。

「このウインク野郎どう?」
「いやこっちのイケメン・・・?」
「やっぱりこの悪そうな顔じゃない?」

なかなかゲームがはじまりませんw
ようやく仮面が決まったら、ゲームスタート。

今回のミッションは、馬・ブタ・ニワトリ。
目で見ているには見分けがつくんですが、実際見えない状態で手探りだとさっぱりわかりませんw

「ん?これブタ・・・?いや違う!なんか違う!」
「これ絶対馬だ!」

そしてトド吉が3個もってストップ!
仮面を取って見てみると・・・

「ちょっ!1個しか合ってない!」
「うわ!−2点!」

まったく当たりません。
よく見れば、厚みが違ったり大きさが違ったり、それこそ違いがわかるんです。

2ラウンド目からは、特殊効果のあるキツネ登場。
ところが、キツネが見つけられないw
それを気にしているうちに、ミッションを達成するどころか、何がなんだかわからなくなってくる。

「いやこれ、違うんだよ。でもわからないよね・・・」
「難易度高いな、これ」

3ラウンド目からは、さらにヘビが登場。
ヘビはわかりやすいし、ミッションに魚があるとさらにわかりやすい。
ようやくコツをつかんでくると、少しずつプラス点になってくる。
チーズはわかりやすくて、むしろチーズを探したり。
馬とウシは特にわかりにくかった・・・w

どんぐりの背比べ状態で卵を手に入れていくも、ぎりぎりのところでトド吉の勝利。
悔しいけど悔しくない・・・w

目隠しして手探りで見つけるゲームが面白くないわけがない。
ただ、ゲームを始める前に、ちゃんと感触をチェックしたほうが良いです。
意外にわかりにくくて、なかなか見つけられないかもしれません。