・第51倉庫
 Warehouse 51(Funforge:2015)


第51倉庫

贋作に注意しつつ、秘宝を競り落として得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場には裏向きにされたカード山が4色。
これをオークションで落札していきますが、すべてが秘宝とは限らず、贋作が混ざっています。
贋作カードをシャッフルし、各プレイヤーの間に裏向きで1枚ずつ置きます。
各プレイヤーは、自分の左右に置かれた贋作カードをこっそり確認します。
ゲームは、秘宝カードがすべてオークションにかけられるまで続きます。
入札に使われるのは金塊。
毎回1枚の秘宝がオークションにかけられ、それに対してプレイヤーたちが入札します。
最も高値をつけた人が獲得し、入札に使った金塊は、左隣りの人に渡します。
競り落とした人が次のオークショナーとなり、4つの山から1つを選び、1枚を表向きにしてオークションを始めます。
これを続けていき、全ての秘宝カードが競りにかけられたら終了。
質入れした秘宝を買い戻したければ金塊を支払って買い戻します。
そして、贋作カードをすべて公開し、対応する秘宝を捨て札にします。
最後に残った秘宝で得点計算をし、最も得点の高かった人が勝者となります。

まずは静かに贋作カードが置かれていく。
早速、各自左右チェック。
今回は3人プレイなので、左右に2枚ずつ置いてあるので覚えるの大変。
こっそり見て、何が贋作なのか覚えておく・・・ように努力するw
競りのタイプは2種類で、握り競りか上げ競りか。
秘宝に指定されているので、毎回競りの方法を確認するところから。

最初はどの程度まで競ればいいのかわからないけれど、チェックしたいのがカードの数字。
集めた「本物」の秘宝は、最終的に数字を全部足した数が価値になるのです。
その数字で1位と2位にだけ得点が入ってくる仕組み。
当然のように、数字が大きければ金塊を握る手にも熱が入るわけで。
でも、このゲームにおいて最大の魅力であり、最大のがっかりなのが「贋作」。
自分の左右しか確認していないので、見えないところにある贋作が何なのかわからない。
欲しくて必死に競り落としてみたら、最終的に贋作だったということが起こるのです。
使った金塊が左隣りの人にいくということは、どの程度金塊を使えばいいのか悩む。

高すぎても喜ぶのは左隣りの人。
 でもどうしても欲しい。
  でも金塊が・・・

堂々巡りのような考えで、とにかく悩ましい。
序盤は様子見なので割と安めで競られていく。
公開の上げ競りなら、ちらちら窺いながら値付け出来るけれど、問題は握り競り。
どの程度握ってくるのか予想して、金塊1個差で競り落とせたりすると喜びの踊りが出るくらいには真剣。
ただ手に入れるだけでなく、右隣りの人が競り落としてくれれば、使った金塊はすべて私のものだと考えれば、ついつい煽ってしまうものなのです。
ゲームが進むと、見えない場所にある贋作が何か予想出来てきます。
ゲームに出てきていない贋作もあるので確定ではないけれど、大きなヒントにはなる。

「よし、3で」
「んじゃ4」
「えぇー!?これ贋作なんじゃないの?」

あまりに安いと疑われるし、高すぎてものってこない。
秘宝はいらないけれど(贋作だし)、金塊はいっぱい欲しい。
値付け難しい・・・w
贋作を本物だと言い張れる効果を持つカードもあって、贋作らしき秘宝を手に入れたら、そっちも当然欲しいわけで。
序盤でトド吉が金塊を使い果たし、私の手元はすごい量の金塊。
競りにも参加出来ない程度に、金塊を使いすぎてしまったらしい。

(贋作なのに高値つけちゃって・・・)

金塊がたまれば、あとは競り落としていくだけ。
どんどん上がっていく価格、どこまでなら出してもいけるかそれぞれ考える。
自分は欲しくないけれど、金塊が回ってくるとなれば、右隣りの人を応援したくなってきます。
それが元で贋作ばれるけど・・・
口々に「それは贋作だから」と適当なことを言いながら、ゲームはどんどん進んでいきます。

気付けば最後の秘宝が競りにかけられ、あっという間にゲーム終了。
借金を返済し、贋作オープン。
そしてあがる悲鳴。

「あんなに高値で手に入れたのにー!」

こっちは贋作だと知っていたので、その叫びが2倍笑えるわけで。
得点を狙って集めたのに、贋作だったせいで得点が入ってこない時の悲鳴と合わせて、とにかく笑えるw
ただし、自分が当事者だった時は、ため息しか出てきませんw
しかも贋作だったり本物にすることが出来なかったりすると、手に入れた秘宝がかなり減る。
ゲーム中の状況とは違ってくるので、思いがけず得点が入ってきたりもします。
そして勝ったのはいたるさん。

ちょっと変わった競りで、かなり良い。
ただし、ある程度慣れたゲーマー向け。
せっかく高値で競り落として集めたコレクションが、最終的に贋作で価値なし。
その上、贋作は得点計算に加えないので、一気に得点もなし。
そのせいで、自分が競り落とした秘宝を何とか本物にしたくて無駄金使ったり。
後半になるとさらに必死さが出てきて、より人間くさい競りになってくるし。
たまにはこういう競りも楽しくて良いと思いますw