・ハルイチバン
 Haru Ichiban(Blackrock Games:2014)


ハルイチバン

蓮の葉の上に自分の花を咲かせて、得点を獲得していくゲームです。
トド吉とプレイ。

ゲームボードは水面で、蓮の葉が浮いています。
この葉の上に、自分の花を置いていくことで規定の形をつくり、得点を獲得することが出来ます。
プレイヤーは庭師で、1から8までの数字が書かれた自分色の花を持ちます。
そこからランダムに3つ選んで手札とします。
ラウンドの流れとしては、まずお互い持っている3枚のうち1枚の花の数字を見て選び、一斉にオープン。
書かれている数字を比べ、大きいほうが先輩庭師、小さいほうが後輩庭師です。
まず後輩庭師が陰の葉に花を置き、次に先輩庭師が好きな葉の上に花を置きます。
そして後輩庭師が選んだ葉を1マス移動させて春一番を吹かし、先輩庭師は好きな葉を選んだ陰にします。
これを繰り返し、どちらかが得点を獲得するか、お互い得点を獲得出来ずに8つの花を置いた場合、ラウンド終了。
どちらかが5点になるまでラウンドを繰り返し、先に5点獲得したほうが勝者となります。

パズルっぽくてアブストラクトちっく。
そんな感じがすごくして、あまり気乗りしないままスタート。
まずは3つの花を見る。
最初はどこに置いてもいいので、とりあえず中間の数字を選んで伏せたまま出す。
トド吉が選んだところで一斉にオープン。
私のほうが数字が小さかったので、自動的に陰の葉の上に花を置く。
トド吉は好きな葉に置けるけれど、問題はこの後の春一番。
近くにトド吉の花があると、得点になる形は出来ないので、そっと押してずれてもらうw
この春一番が割と重要で、小さい数字を出せるのなら、絶対陰の葉に置けることになるのです。
もちろんトド吉は離れた場所の葉を陰にするわけで。
それを見ながら花を1つ補充して、再び3枚から選ぶ。

(あの位置じゃいらないし、ちょうど大きい数字があるから出しちゃおう)

選んだのは7の花。
トド吉は5の花だったので、自分が陰にした葉に花を置くことに。
私は先輩なので好きな位置へ。
そりゃもちろん、先に花が置かれている葉を元に形が出来そうな場所へ。

これを繰り返していくだけなので、とても簡単。
最初のラウンドで私が2点を獲得するも、次のラウンドでは形が出来そうもなかったので、トド吉に1点をあげる形でさっさと終了。
どうせ自分に勝ち目がないのなら、低得点で勝っていただくのも戦略です。たぶんw

そして運命の3ラウンド目。
お互い形が出来ずにどんどん並んでいく花。
相手がどの数字を使ったのか、何となく覚えておくのが重要。
カエルがいる場所に置きたいけれど、後輩だと陰の葉と決められているけれど、時には逆に考えやすい。
はっきり小さいか大きいかの花を残し、中途半端な数字を使い続ける。
そして、どこへ動いても得点になる形になった時、身動きがとれないトド吉が春一番を吹かすも、次の手番で私が花を置いて形が完成。
ここで3点炸裂!
おかげで5点となり、私の勝利で終わりました。
悔しいトド吉は、しくしく泣いていましたw

これくらい簡単でさくさく遊べるなら楽しい。
何も考えないと相手にいいようにされるので、その時々でクギをさしておくのは大切。
とはいえ、あまり長考しない2人なので、1ゲームあたり10分ちょっと。
ラウンドの流れはボードに描かれているし、得点になる形も描かれているので聞き返すこともないし。
見た目も華やかだし、これでもう少し箱が小さければ言うことなかったですw

Haru Ichiban
Hobbity.Eu
2015-01