・ゲーム・オブ・トレインズ
 Game of Trains(Brain Games:2015)


ゲーム・オブ・トレインズ

左から右に降順で並んでいるカードを逆順に並び替えるカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲーム開始時に配られる7枚のカード。
自分の前に「左から右に降順」で並べます。
ゲームの目的は、この並べたカードを昇順に並び替えること。
手番がきたら、2つのうち1つを必ず実行します。
カードを山札から引き、自分の前に並べてあるカードと入れ替える、もしくは特殊カード置き場にあるカードの効果を使うのどちらか。
これを繰り返していくだけ。
誰かが左から右への昇順で並べることが出来たら終了。
そのプレイヤーが勝者となります。

降順を昇順に替えるだけ。
それなら簡単!と思っていました。
まずは自分の前に並んだカードをよく見ると、上は70番台で下は一桁。
特殊効果で入れ替えるのを第一として、とりあえずカード効果を使う。

「これ使って、こことここ入れ替える」

たった2枚のチェンジじゃ、よくわからないw
トド吉は山札からカードを引いて、入れ替えている。
確かに良い数字を引ければ早いけど、そうは上手くいかないもので。

カード効果の中には、自分だけに適用されるものと全員に適用されるものがあります。
この全員適用がいやがらせ。
強制移動で、せっかく動かしたカードが戻ってきたり。
そういう時は鍵マークのプロテクト。
とはいえ、特に欲しい数字じゃないので、あまり取りたいと思わないわけで。

黙々と自分のカードだけを見て並び替える。
が、気付けばなんとトド吉が完成させている。

「できたー!」
「えぇぇぇ!?」

なんでだろう。
スタートは一緒だったのにいつの間に・・・
疑ってカードを確認したら、確かに出来ている。

「えーなんでー!?」
「さあ?」

キー!悔しい!もう1回!
再びカードを配り直してスタート。
が、あっという間にまた負ける。
おかしい・・・おかしい・・・

「もう1回!」

半ば呆れ顔のトド吉は放置して、せっせとカードを配り始める。
さすがにそろそろ・・・と思ったら、また負けた!

「いやごめん、なんで負けるかわからない」
「のんびりしすぎじゃないの!?」

全員共通効果のカード以外では、同じくらい効果使っていたはずなのに。
山札から引いて入れ替えるのも、手がなくなれば有効だし。
でもまぁ、そこまで難しく考えるゲームではなくて、短時間でささっと遊べるゲームとしてはいいのかも?
7枚だし。
トド吉曰く「わしは結構好き」だそうで、好みがはっきりするゲームなのかも。
私は盛り上がりどころがちょっとわからないゲームでした。