・ヴォアラ!
 Voila!(Brain Games:2015)


ヴォアラ!

限られた時間の中で、曲芸を成功させて得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場には円を描くように、対象物タイルが並びます。
中央には、アクション説明タイルとカード山。
外側には、曲芸師コマと砂時計を準備します。
手番プレイヤーの左隣りの人がタイムキーパーとなり、砂時計を準備します。
砂時計がひっくり返ったら、手番スタート。
袋からカラーストーンを引き、色に応じたアクションを実行します。
黄色は何もしない、赤はカード山から1枚引いて公開し、描かれているアクションを実行、青も赤と同じですが2回やります。
カードによっては、全員参加の早い者勝ちアクションもあります。
砂時計が落ちきるか、その前に任意で手番を終えることが出来ます。
砂時計が落ちきってしまうと時間切れで、手番の間に獲得したカードは捨て札に。
時間内に終える場合、「ヴォアラ!」と宣言し、成功させたカードと黄色のカラーストーンの数だけ山札からカードを引き、得点として獲得します。
これを繰り返し、全員が3回ずつ手番をやったらゲーム終了。
獲得したカードの数字を合計し、一番合計値の高い人が勝者になります。

コマにシールを貼っている間に、期待は高まるばかり。
どう考えても楽しくないわけがないw

まずは私の手番から。
トド吉がタイムキーパーで、砂時計を持ちます。

「よーい・・・スタート!」

袋からカラーストーンを引く。
黄色!ラッキー!
続けてもう1個引く。
赤。
急いで山札から1枚引いて公開。

「・・・なにこれ?」

そう言ってる間に、トド吉の手がタイルに伸びる。

「あぁ!同じイラストのタイルを探すやつだ!」

気付いた時には遅く、カードをトド吉に奪われる。
がっかりしている時間はない。
手番の時間は限られている。
しかも砂時計が落ちきったらタイムオーバーで0点だから、落ちる砂も気になるわけで。

「ヴォアラ!」

黄色の分だけ山札からカードを引く。
3点!ラッキー!
続いてトド吉の番。
なぜか赤をよく引き、その都度曲芸師コマを積み上げる。
でも素早く成功。
私はそれを眺めながら、砂時計の砂とにらめっこ。
でも気は抜けない。
カードが全員対象なら、横取りチャンスだから。

3回の手番はあっという間。
「もう終わりだよ」と言われなかったら、まだまだやろうと思っていたというw
お互い獲得したカードの数字を合計したら、私のぶっちぎり勝利!
黄色で山札から引いたカードが3点ばかりだったり、連続で黄色のカラーストーンを引いたのが大きかった。

アクションゲームはやっぱり楽しい。
砂時計で時間を測ることで、見えているから焦る。
どんどん体内時計が狂ってきて、まだまだ時間が残ってるのに手番を終わりにしてしまったり。
逆にまだいける!と思っていたのに、非情にも時間切れになってしまったり。
3回しかない手番、1回だって無駄には出来ないのです。

・ゲームストアバネスト:ヴォアラ!