・盲目の雌鶏
 Blindes Huhn(OSTIA Spiele:2015)


盲目の雌鳥

カードでカードを競り落とし、得点を獲得するカードゲームです。
おのさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各自初期カードを1組持ちます。
このカードを元に、競りでカードを獲得していきます。
競売人は山札からカードを3枚引き、自分だけ確認します。
次に競売人は、3枚のうち1枚または2枚を表にして、競りにかけます。
競売人の値付けに対し、他のプレイヤーは時計回りでさらに高値をつけるか、パスを選びます。
最高値をつけたプレイヤーは、提示した競り値を自分の前に並べているカードから競売人に支払います。
競売人自身が競り落とした場合は、他のプレイヤーが時計回りで1枚ずつ受け取ります。
そして、新しく入手したカードを自分の前に並べます。
これを繰り返し、カード山からゲーム終了カードが引かれたら、直ちにゲーム終了。
得点計算をし、最も高かった人が勝者になります。

SPONSORED LINK

競売人だけが知っている・・・
その上で1枚か2枚だけ表向きで競り。
高値をつけさせたくて、良いのだけ見せているのか。
それとも隠れているやつが良いのなのか。
そこを観察しながらw

さらに競り落とすカードは、もちろん支払いに使うお金の役目も果たしている。
その上で大切なのが色。
得点になるのは3色まで。
さらに各色最多と2位の人にはボーナス点。
注意したいのが、トウモロコシは単体でも2点になるけれど、厄介なのが盲目の雌鳥。
トウモロコシとセットなら3点だけど、単体だとマイナス3点!
サングラス取ったら豆も取れ状態。

3色までしか得点にならないことで、何となく他の人とかぶらない色を・・・と思ったら、早々にガチ勝負w
さすがゲーマー3人、遠慮なし。
欲しいから競り落とす、でも支払いで使わなきゃいけない。
いらない色だから使ったのに、裏向きが同じカードだったりと、上手くいかない競り。
でも自分が競売人だと、やっぱり欲しがっている色を見せておいて、いらないであろう色は隠すわけでw
3色までをしっかり集めていればそれでいい。
そう思うと集まってくる他の色。
適度に悩ましく、適度に出し抜いて。

終盤になると、裏向きで隠しているトウモロコシと盲目の雌鳥に目がいく。
トウモロコシはいいとして、雌鳥はダメ。
ちゃんとセットにしなくちゃ。
それを見越して、競売人は競りにかけてくるから悶絶するというw
あっという間にゲームは終わり、勝ったのはおのさん。

2007年にコスモスから出ていた「盲目のニワトリ」。
あれと作者とゲーム名が同じなので、リメイクというか再版なのかも?(コスモス版はずいぶん前に絶版)
細かいところは覚えていないけれど、ゲーム内容はだいたい同じようでした。
軽くて悩ましく、カードの数字を金額として競るので、値付けがしやすい。
派手さはないけれど、手軽で良いゲームだなと改めて思いました。

・ゲームストアバネスト:盲目の雌鳥