・北のヴェネツィア
 La Venise du Nord(Asyncron Games:2012)


北のヴェネツィア

ブルッヘを舞台に、工房を建てて注文の品を生産し、市場や港で売却して得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

街は六角形の区画タイルを並べてつくります。
区画タイルには、原料入手、市場、港、工房、注文、棟梁などがあります。
各プレイヤーは自分用のボードとダイス、橋を持ちます。
手番がきたらダイスを2個振り、1個を移動にもう1個をアクションに使用します。
工房カードには原材料の保管、注文カードを入手することで生産することが出来て、いずれも必要なコストを払うことで使用可能に。
出来上がった商品は市場で売却するか、港で売却。
棟梁カードは得点を得たり、商品価値を上げたりなど、様々な種類があります。
橋を置いた区画タイル同士の移動は、移動歩数が0になります。
誰かが橋を5つ建設する・注文カードの山が尽きる・市場での売却がすべて完了するのどれか1つを満たせばゲーム終了。
最終得点計算をし、最も得点の高い人が勝者となります。

SPONSORED LINK

ゲームの詳しいルールは以下を参照。
 今日もプレイミス:【ゲーム紹介】北のヴェネツィア(La Venise du Nord)

まずはダイスを振り、出目を見る。
どちらを移動歩数に使うか、移動先で何を入手したいか考える。
最初はやはり工房と注文が欲しい。
となれば、先に工房カードを入手するため、自分のコマを移動させる。
移動に使うダイス目は、すべて使い切らなきゃいけないので、出目が5なのに4歩だけが許されない。
これがかなり厳しい・・・
そんな時には棟梁カード。
中にはダイス目を1増減出来るカードもあるのだ。
とはいえ、最初は注文に乗り遅れてはいけないので、紫の工房を入手し、次に注文カードを狙う。
が、移動歩数が合わない。
大回りしても余るけど、船を使うと足りない。
仕方ないので、倉庫の空きを利用して、紫の原料入手。
トド吉はどうやら白路線で行くらしい。

区画タイルで効果を発動すると、タイルの上にダイスを残してくる。
先に誰も置いてなかったり、置かれているダイス以下の目だった場合のみ。
置かれている以上の目だとダイスは手元に持ち帰りになる。
なぜダイスを置くかといえば、二次発動として、ダイスやコマを置いているプレイヤーもタイル効果の恩恵が受けられるのです。
これが地味にお得。

中盤まで、ひたすら工房を増やして注文を増やし、大量に生産した商品。
問題は売るタイミング。
市場の計算がちょっと変わっていて、何度も同じことを聞いて呆れられたりw
商品が出来上がると、注文カードは市場横にいき、個数が得点に大きく関わってくる。
そうなれば出来るだけ多く売りたい。
市場は使える回数も決まっていて、早く売りに行けば高値で売れるわけで。
タイミングを狙って、さらに注文を増やしていたら、トド吉が先に市場で売却。
これがかなり大きくて、逆転とかそんな考えが吹き飛ぶくらいに大きすぎた。
負けてはいられないので、大量につくった紫を市場で売却。
さすがに4と3じゃ、かなり違ってくる・・・
この差をどうやって埋めたものかと思うけれど、埋まるわけがない。

すっかり忘れていたのが橋。
というのも、私は橋が加点されるカードを持っていなかったこともあり、ついつい失念。
トド吉にオレンジの相場を下げられたら、逆に上げて白を下げたりと、あきらかに市場ばかりに目がいってしまうわけで。
差が縮まらないなら、残りの商品を売らせなきゃいいんだ!と思いつき、少ないけれど白を港で売却して、トド吉が売れないようにしてしまう作戦。
これがまた上手くいかないのが移動のダイス目。
でも橋を置いたトド吉は、そのせいで移動が1余る現象で悩んでいたけど・・・w

最後はお互い注文カードの取り合い。
ぎりぎりで売却出来るか?と思ったけれど、距離があったので移動に大きい目のダイスを使い、売却出来るのが2個だけ。
しかも最後に売却しても、たいした額にはならなかったという。
トド吉の勝利。

途中で大差がつき、その差を最後まで埋められなかったのが敗因。
同じことをしてても、そりゃ追いつかないわけで。
最後がちょっと消化試合気味になってしまったのは、おそらく2人プレイだったからかなぁ?
片方を移動、片方をアクションに振り分けるので、移動ばかり重視していると入手出来る原料が1個とか。
やろうと思っていたことがダイス目次第で効果が薄かったりと、都度自由にならなさを味わうことが出来ましたw
プレイ感は軽いので、色々な得点方法を探してみても良いのかも。