・サンダーバード・レスキューゲーム(タカラトミー:2015)

サンダーバード・レスキューゲーム

国際救助隊の一員となり、宿敵フッドの破壊計画を阻止する協力ゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードには、プレイヤーが移動していくマスが描かれています。
宿敵フッドは、フッドのコースを移動し、6ヶ所で大災害を発生させようとします。
プレイヤーは全員国際救助隊の一員ということで、サンダーバードおなじみのメカを操作して現場に急行。
大災害の発生を未然に防いでいきます。
手番がきたら、まずフッドが1歩移動。
そしてルーレットを回し、止まったマスの数字にメカのスピードを足した数、一定方向に移動します。
0の場合は、フッドが移動します。
マスにはイベントがあるものもあり、任意で止まって解決することが出来ます。
スタート地であるトレーシー島に戻れば、空いているメカへの乗り換えが可能。
大災害は、一度オープンになった後、フッドが再び同じ場所を訪れることで発生するので、その前にプレイヤーが解決することで解除。
フッドが3枚の大災害を成功させてカードを取るか、プレイヤーが6枚すべての大災害を防いでカードを取るか。
前者ならプレイヤーたちの敗北で、後者ならプレイヤーたちの勝利。

SPONSORED LINK

日本のボードゲームだとおなじみルーレット。
回して移動→イベントクリア→補給する?→誰かエネルギーいる?→あ、フッドのイベント出た→誰か防げ!
簡単に言えばこんな感じの流れで。
スタートは何となく2号、トド吉は3号。
ところがすぐに気付くのです・・・2号足が遅い。
しかもルーレットを回しても回しても、なぜか0ばかり。
これじゃ進むのはフッドばかり。

一応、先回りしておこうと思ってはいても、ミニイベントがクリア出来なくて足止めされたり。
そしてイベント1枚目は・・・フッドが進んで終わり。
その間に、1号に乗り換えて再出発。
とまぁ序盤はいいのです。
むしろ、なかなか1周しないフッドのおかげで、あれもこれもとワイワイ。
そして1枚目の大災害が出てきて、現場へ急行!
得意分野はどれなのか検討しつつ、急げ!

・・・ルーレットが1とか?0とか?

特に0が多くて、フッドがすごい勢いで進むという。
モタモタしてる間に、フッドは次のイベントマス目指して進んでいく。
トド吉が急行して処理にあたるも失敗。
遅れること私が到着して、何とかクリア。
その頃には、フッドが次のイベントを・・・
そして中盤以降、これが加速するわけで。
大災害を防いだイベントマスにフッドが到着すると、強制的に次のイベントマスへ飛ぶのです。
大災害を防げば防ぐほど、フッドが早送り状態。

「これ厳しくない?」

スピードアップするにはエネルギーキューブが必要。
再分配するには、そのマスへ行かないとダメ。
プレイヤー側の条件が厳しい。
特に2人だから手が足りない。

1回目はあまりにフッドが早くて敗北。
続く2回目は、1回目の展開を考慮して、無駄なく余計なことはせず。
これが功を奏したのか、本当にぎりぎりのところで大災害6枚クリアで、何とか世界は助かった・・・
終わった後の会話は「これ無理ゲーでしょ」「ルーレットを強く回しすぎると跳ね返ってひどい数字に当たる」などなど、協力して世界を救った喜び皆無。
ぶっちゃけ、協力云々言ってる時間がなかったというかw

ゲームって、クリア出来るか?出来ないか?のぎりぎりが一番楽しいと思うのです。
でもこれ、あきらかに無理という空気が漂うというか。
2人では1人2機使わないと厳しいような・・・
最大4人までプレイ可能なので、4人でならがんばってクリアする達成感があるのかも?
そして、これでも基本ルール。
もっと難しくするルールが2個あるのだから、すごく不思議。
でもこれは、もっと良い協力ゲームがあるのを知っているからという、ゲーマーならではの意見なんだろうなぁと。
単純にサンダーバードのメカを動かして遊ぶのが楽しいなら、勝利とかどうでもいいのかも?

余談ですが、kickstarterでリーコックのサンダーバードゲームを入手しているので、そちらも後日遊んでみる予定。
同じテーマで同じ協力ゲームということで、楽しみにしていたりもします。
パンデミック好きなのでw