・ゾンビvsチアリーダー
 Zombies vs Cheerleaders(Matagot:2015)


ゾンビvsチアリーダー

ゾンビとチアリーダーに分かれて対戦するゲームです。
トド吉とプレイ。

ゾンビは、チアリーダーの誰か1人にのしかかるのが目的。
チアリーダーは、ゾンビを駆逐するのが目的。
各自、手番では3アクションを実行するだけ。

詳しいルールは下記を参照
 学校ってすごいよ『ゾンビvsチアリーダー』

まずは私がチアリーダー、トド吉がゾンビで。
次に私がゾンビ、トド吉がチアリーダーでの対戦。

まずはチアリーダー。
火炎瓶を操るグロリア、火炎噴射スプレーのパム、どう見てもパ○ツでつくったパチンコを使うクローバー、カミソリフリスビーを飛ばすバネッサ、強酸試験管を投げるサンディと攻撃力0のサマンサという、すごいグループです。
対するゾンビは・・・まぁゾンビ。
雑魚ゾンビの中にボスゾンビが混在している形。

各チアリーダーには、初期体力の青いトークンがのせられていて、自分の攻撃やゾンビに攻撃された場合取り除いていきます。
ゾンビの攻撃を防御しきれなかった場合、気絶してしまいます。
つまり、ぎりぎりでも回避していけばOK。
あとは、ひたすらゾンビを殴るだけ。

ゾンビは列で移動してくるので、最初さえ何とかなれば勝機はある・・・はず。
そして、一斉に前進してくるゾンビ1列。
バリケードに向かって攻撃してきます。
ここからはチアリーダーの力を見せるところ。

「これ攻撃」
「ここの入れ替え」
「ここでもう1回攻撃」

整列しているゾンビを地道に削る。
たいていのゾンビは1なので、一発で倒せるわけで。
質より量で攻め込んでくる。
攻撃出来ないサマンサは、体力だけはチアリーダー1なので、弱そうなところにはサマンサで対応。

・・・と、これを繰り返すだけw
見た目がゾンビで、チアリーダーたちの武器もあれだけど、ゲームはかなりしっかりしているので、ちゃんと考えないとダメ。
バリケードは早い段階で穴があくので、そこをどう使っていくか。
そして、強力なチアリーダーの使いどころも大切。
前後左右にダメージを与えられるグロリアは、後半になると空いている場所があってもったいないし。
最後は本当にぎりぎりだったけれど、何とかチアリーダー側の勝利!

続いては私がゾンビ側。
ゾンビは列移動。
ボスをどこに置いておくかが、割と重要。
そして、一度攻撃されても復活してくる教師で、しつこい攻撃を仕掛けないとw
まずは一点集中で。
どうせ倒されるなら、出来るだけダメージを与えつつ、バリケードもほぼ壊さないと。

「次、この横列移動」

実は前に移動させたものだけで攻撃しようとすると、中間に穴が空いてしまうのです。
さっきトド吉がゾンビ側をやった時に見て思ったというw
それで攻撃のブランクが出来て、逆にチアリーダーに滅ぼされてしまう。
早いところ、気絶しているチアリーダーにのしかからないと。
・・・でもイラストがゾンビで、ちゃんと見つめられないわけで。

「ここに2回攻撃」

教師のしつこさで、何とかチアリーダーを引き寄せておいて、他のところもゾンビが整列。
順番待ちしているんだから、割と人が良い(?)ゾンビなのかも。
とはいえ、やはり強いチアリーダーの攻撃は厳しい。
攻撃は耐えられれば上限があるので、その時がチャンス。
ボスは体力が2なので、それなりのチアリーダーしか攻撃してこないはず。
先にチアリーダーをやっていたので、逆に対策が練れるというか。
そして・・・体力が残っているサマンサは放置して、襲いかかるゾンビ群。
3アクションなので、入れ替えたり、カード効果を適用するだけで、逃げ遅れるチアリーダー。
見事、我がゾンビがクローバーにのしかかって勝利したのでした。

これ・・・テーマが私はダメw
ゾンビのイラストが、ちょっとダメな部類のゾンビ。
ゲームのルールは、テーマとは違ってしっかりしていて、短時間の対戦ゲームとしては良いと思うのです。
違うテーマなら、もうちょっと楽しめたのに・・・残念。