・世界の七不思議:デュエル
 7 Wonders: Duel (Repos Production:2015)


世界の七不思議:デュエル

自分の文明を率いて建造物や七不思議を建て、3つの世代をプレイして得点を獲得するゲームです。
トド吉とプレイ。

カードを入手して建造物を建てながら、七不思議も建てていくゲームで、世界の七不思議の2人用という位置付け。
七不思議に出てくる要素はそのままで、軍事も疎かには出来ませんが、カードはドラフトしません。
場には3つの時代に合わせて、時代ごとのカードが並びます。
手番がきたら、場からカードを1枚取るだけ。
ツリー型になっているので、表向きで上にカードが乗っていないものだけ入手可能。
無料で入手出来るものとコストがかかるものがあります。
取ったカードは自分の手元に置くか、コストを支払って建てた七不思議カードの下に裏向きで差し込むか、捨ててコインにすることが出来ます。
建てられる七不思議はゲーム開始時、お互い4枚ずつ選んで所持しています。
お互い4枚ずつ持っていますが、7つまでしか建てられません。
1つの時代が終われば、次の時代のカードが場に並びます。
軍事的優位・科学的優位、もしくは第契ぢ紊終われば即終了。
各自持っている七不思議やカード類、所持しているお金で得点計算をし、より高いほうが勝者となります。

七不思議といえば、ドラフト。
そのドラフトを取ってしまって、さらに2人用というのだから期待大。

お互いに七不思議を選んで所持。
8枚あっても7枚までだから、いかに先に建てるかも考えつつ。
手番でやることはとてもシンプル。
場からカードを入手して、自分の前に置くだけ。
必要コストも足りなければお金で事足りる。
けれど、自分が持っていれば無駄なお金は払わなくていい。
相手が持っていたら?
より高いコストで購入しなきゃいけないわけで、そうなると序盤で欲しいのは取れなかった資源を安く買えるカード。

交互に取っていくので、ある程度は先を考えながら。
チャンスは七不思議を建造した時。
持っている七不思議のうち2つは、完成すればもう1手番。
タイミングをよく狙いながら、どうしても欲しいカードが開放されるタイミングで・・・七不思議建った!

実は軍事を軽視していると痛い目を見ます。
というのも、お互いの軍事差を表示しているボードを見るとわかるけれど、お金を捨てなきゃいけないのに相手には勝利点が入るのです。
しかも差がつきすぎて首都に入られてしまうと、即敗北。
これと同じで、緑のカードに描かれているマークをセットにするともらえるトークン。
これも片方が6個すべてを取ってしまうと即敗北。

手番でやることは簡単だけど、目を向けておかなきゃいけないところ多し。
トド吉とは違う路線を狙いながら、レンガ重視。
石はもう諦めて、隙あらば七不思議建造。
軍事だけは離されないようにしていたものの、時折「グレーのカード捨てて」といわれ捨てたり。
まぁ、七不思議で生産出来てるからいいんだけど。

お互い七不思議を3つ建てて迎えた第契ぢ紂
私が先手番。
じっくり自分の生産物を眺めていて気付く「七不思議建造チャンス」。

「じゃ、七不思議たてまーす」
「えぇぇ!?おれのピラミッドが捨て・・・」

というのも、青いカードをほとんど取れていなかったので、得点でかなり差がついている(ように見える)。
9点のピラミッドなんて建てさせるわけにはいかなかったのです。
ある程度お金もあって生産物もあれば、残りは得点重視。
科学のトークンは私も入手していたので、科学での敗北はなくなった今、軍事から目を離すわけにはいかない。
そしてカードも残り3枚。
そこでトド吉が青のカードを取ろうと思っていたので、何となく言ってみる。

「それ取るより、緑とるじゃない?次に私が青取るじゃない?そっちが最後の緑取ってトークンもらえるじゃない?」
「どっちが得点高いんだろう」
「たぶん緑」

このアドバイスが良かったのか、その差でトド吉の勝利という皮肉な結果に。
次で勝てばいいのですw

ものすごく軽いプレイ感。
テーマや言葉、カードの種類などは確かに七不思議だし、七不思議建造するし。
ちゃんと考えるところはあるし、むしろ考えなきゃダメだし。
目を向けるところも程々にあるし。
でも終わった後、ちょっとだけ物足りなさが残ってしまったんですよねぇ。
おそらく、先に「世界の七不思議」を遊んで面白いと感じたからかと。
胃にずっしりくる重さがないので、プレイ時間も長くないし、今から始める人ならこっちからがいいんじゃないかな。
最近の2人用はどれも出来が良いので、あとは見た目とテーマで決めるしかなさそうw