・カウンシル・オブ・フォー(4つの評議会)
 Das Konzil der Vier(Cranio Creations:2015)


4つの評議会

商人となり、王国内の3つの都市に商業地を設立し、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードは3つの都市に分かれていて、それぞれの商業許可タイルが並んでいます。
プレイヤーは、この商業許可書タイルを手に入れることで、描かれている都市に商業地コマを置くことが出来ます。
さらにバルコニーが4つあり、それぞれ評議員コマが乗っています。
目的は、自分の商業地を設置していくこと。
手番がきたら、まず山札からカードを1枚引きます。
次にメインとなるアクション、評議員の選出・商業許可書タイルの購入・商業地を1つ設置する・国王の力で商業地を1つ設置する、の中から1つを実行します。
さらに、クイックアクション1つを実行することが出来ます。
これを繰り返し、手持ちの商業地コマをすべて置いた人がいたら、残りのプレイヤーは手番を1回やりゲーム終了。
ボーナスタイルの得点などを加算し、得点の一番高い人が勝者となります。

今回は2人プレイなので、2人用ルールで。
差分としては、最初から使われていないプレイヤー色の商業地が置かれていること。

2人だと広めに感じるボードを眺めつつ、まずはメインアクション重視。
やはり最初は商業地を置くためのタイル獲得を狙う。
ただし簡単には購入出来ない。
というのも、バルコニーに乗っている評議員コマ。
この色と同じカードを使うことで入手出来て、足りないカードの分はお金で解決。
タイルにはアルファベットが書かれていて、その都市にしか商業地を置くことが出来ないのです。
商業地を置くと発動する恩賞があり、これがかなり助かる。
さらにタイルの中には、得点が書かれていることも。
しかも、都市間が道でつながっていると、置いた時の恩賞がすべて受け取れる。
こうなれば、出来るだけつながなくては・・・
と思ったけれど、1つの都市に自分の商業地は1つしか置けず、さらに他の商業地コマが置かれていると、その分助手コマが必要になるのです。
まぁ、そのために都市の恩賞で助手コマがもらえたりするわけで。

お互い違う方向からのスタートとなるも、狙うのはボーナスタイル。
同じ色の都市すべてに商業地コマが置けたらもらえる得点。
とりあえず、地道に都市間をつなぎながら、商業地を置いていくも、割と途中でつまる。
タイルが必要だし、そのタイルを入手するにはカードが必要だし。
どちらのものでもない商業地コマが置かれているので、入りたい都市なのに助手が必要だったり。
序盤はメインアクションだけでも、都市の恩賞を受けながらだったら大丈夫かな?と思ったけれど、そんなことはなかった。
もう1手番すぐにやりたいタイミングもあったし、手持ちのカードが合わなくて、評議員を送り込んで色をかえたり。

2人ということもあり、楽に商業地コマは置ける。
ただし、ここぞという時に必要な商業地タイルが出てこなくて悶絶したり。
常に何手か先を考えながらやらないといけない。
貴族トラックを進めることで、助手がもらえたりするものの、そこを軽視していたというか視界に入ってなかったというか。
反対からスタートしているのに、気付けばトド吉が(勝手に決めた)私の商業地並びにはいってきてしまう。
いまだ取られていないボーナスを狙っていたけれど、タイルが出てこない。
タイルの入れ替えをしても出てこない。
自分のことに夢中で、見るところといったらボードの都市とタイルばかり。
だから気付かなかったのが、トド吉の商業地コマが尽きそうだったことに。
そして、王の力で商業地を置けるというのを失念していて、何とかカードの色と合わないか悩んでいたという。
ゲームが終わってから思い出したわけでw

そうこうしてるうちに、トド吉がすべての商業地コマを置ききってしまう。
最後の手番は、なぜか2人で「どれが一番得点が高いのか」と悩み、商業地を置いてゲーム終了。
割といけたかな?と思ったけれど、ボーナスの差で敗北してしまったという。

オーソドックスさを感じるけれど、2人で遊んでも面白い。
人数が多ければ、ここまで楽に商業地は置けなかっただろうし、考えている余裕なんてなかったかも知れない。
あっちを取ればこっちを取れずの展開は、2人で遊んで、かなり面白いと感じました。
考えていたよりルールはずっと簡単だし、貴族の入れ替えがそれぞれの思惑が見えるように感じる。
際だって新しいところはなさそうだけど、安定した面白さというか落ち着いた雰囲気というか?
かなり満足度が高いゲームでした。

ゲームストアバネスト:4つの評議会