・ボタン
 Buttons(Noris:2015)


ボタン

ダイス目で自分のボタンに星を置いていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、それぞれ自分用のボードを持ちます。
縦横にはダイスの目、そして色とりどりのボタンが描かれています。
ゲームはとても簡単で、ダイス目でボタンを埋めていくビンゴ。
手番がきたらダイスをすべて振ります。
白いダイスは縦列、黒いダイスは横列で、それぞれ金のダイスが1個ずつあります。
手番のプレイヤーはダイスすべての目を使うことが出来ますが、必ずボタンを1つ置かなければいけません。
他のプレイヤーは金色のダイスのみ使うことが出来ます。
そして、白と黒のダイス目の交点に、ストックからボタンを取って置きます。
これで手番終了。
自分のボード上にボタンが1個でも置かれていれば、ダイスを振らずに離脱することも可能です。
全員が離脱するかバーストしたらラウンド終了で決算処理をし、次のラウンドへ。
これを繰り返し、ラウンド終了時に誰かが勝利条件を達成していたら、その人の勝利でゲーム終了です。

ただのダイスビンゴでしょ?

遊ぶまではそう思っていました。
確かにビンゴなんですが、ラウンドを重ねると難易度が上がります。
ラウンド終了時の決算で、獲得した星を置けば置くほど苦しくなります。
そもそも、離脱出来たら星1個、1色で少なくとも3ヶ所置いていれば星1個、自分の色が3ヶ所以上置けたら星1個と、星は割と獲得出来るのです。
この星は、ボード上のボタンが置かれている中で好きな場所に置けるんですが、これを置くことで使えるボタンが減る。
ということは、バーストの確率が上がるわけです。
置き方大切。
これを見事に立証してみせたのがトド吉。

ラウンドが進み、お互いボード上には星が3つ、4つと置かれている。
私は縦1をつぶそうと縦並び、対するトド吉は横並びで星を配置。
トド吉の悲劇はここから。
つぶした横列対象のダイス目しか出ないw
あっという間にバーストしてしょんぼりしているトド吉と笑いながら、私は満足がいくまでダイスを振って離脱。
気分新たに次のラウンド。
またしてもトド吉がバーストw

「えー。なんでー」
「はやっw」

私もそろそろ危ない気配だったので、早々に離脱。
ダイスが1個減るだけで、バーストの確率が高いというより、そういう時に限って出て欲しくない目が出るから。
そして星を置く。
勝利条件が見えてきたので、おそらく最終ラウンドになるだろうなぁと次ラウンド。
なんと、3回連続早々にバーストするトド吉。
2人で大笑いw

「横はつぶしちゃダメだったー」
「縦は逃げ道あるよ?」

私が星を5個並べて勝利!
簡単ですでにあるようなダイスビンゴかと思ったら、星を置く位置でバーストしやすくなるという。
手番で必ず置かなきゃいけないというのが厳しい。
おかげで最後まで盛り上がって楽しく遊べました。