先日のゲーム会で遊んだ、ゲムマ新作の感想その2。
その1はこちらから→ 第四次同人ゲーム大戦2015−その1−
遊んだゲーム2
後半6ゲームです。

SPONSORED LINK

青い鳥と黒い鳥青い鳥と黒い鳥CRIMAGE
青い鳥を集めて得点化していくけれど、黒い鳥が規定数になると集めたカードを捨てなきゃいけないゲーム。カードを引いては自分の手元に置くだけというシンプルルール。トド吉が戦線離脱していたので3人で。みんなが黒い鳥を避けていくので、見えているカードには全部黒い鳥。クローズで引いても撃沈したり。得点化するタイミングを間違えて捨てる時は泣ける。どうしても手番順次第の展開が見えてしまうのは仕方ないかな。勝ったのはいたるさん。

モテるための12の方法モテるための12の方法Manifest Destiny
3色で1色がプラス点、1色がマイナス点になるので、その間にコントロールしながらカードを集めていくゲーム。5枚の中から4枚がプレイヤーの手元で1枚が最後の得点判断へいくので、自分の得点ばかり考えていられない。青か赤かというところで、あまりに出てこない色がプラス点じゃないかと取り合い。ある程度マネジメントしていくゲームだけど、テーマのもてるためというのが感じられなかったところが惜しい。勝ったのはトド吉。


いなばのしろうさぎいなばのしろうさぎ(トリガーハッピー)
昔話そのままのテーマ。テーマ感が強くてどうなのかな?と思ったら、おもしろかった。他のウサギを動かしてもいいというのが良い。しかも戦闘はダイスで、負けさせておいて自分が次に勝つ戦法。負けたらスタートというのが効いていてかなり熱い戦いになるけれど、サメは減っていくので泥沼感はなし。小さいダイスが多いと思ったら、サメが強くて確かに使った。最後の最後でサメがいることを期待したけれど、クジラさんで侍がゴール。味があるイラストのカードも良いけれど、ゲーム内容も伴っていると感じました。

擬音フェスティバル擬音フェスティバルするめデイズ
侍が出した瞬間、全員が「あ、これ絶対おもしろいやつだ」と言ったゲーム。ダイスで指定した枚数のカードを全員から集めて、その擬音が何の音なのか考えて発表する。おもしろくないわけないよねw 意味不明の擬音の連続で、発表の瞬間が一番恥ずかしい。全員が良いと思ったものに投票していくけれど、実は最後に一番集めた人は集まったカードで擬音を言わなければならないという。「もうやめてー!カードよこさないでー!」。私の最後の言葉は「ティーバムラウシヌチェベ!」噛まずに言えたので勝者!

おつきみふくろうおつきみふくろう(ぷくまにあ)
全員でおつきみだんごをつくっていくけれど、段によって得点が違ってくるゲーム。見た目が可愛くて最高なのに、なんとゲーム内容はなかなかのガチゲー。どこに何のカードを仕込むかちゃんと考えないと、自分のだんごがのってない状態に。カードもオープンとクローズで置くので疑心暗鬼になるけれど、2枚しか置けないので手番順も考えないとダメ。良い意味で見た目の可愛さにだまされた感w 勝ったのはいたるさん。


ヌシも悪よのぉヌシも悪よのぅEJIN研究所
タイトルと見た目で気になったけれど、ゲーム内容もそのままだったw 序盤から貧乏な私をよそに、侍がうはうは状態。悪い商人には天罰が下るのも定番で、お金はねずみ小僧によってトド吉の元へ。今度はトド吉がお金でうはうはしていたら大火で購入したカード没収。そんな中、地道に稼いでいた私が、最後はお金の力でトップに追いつく展開。侍と同点になるも、所持金差で私の勝利。楽しかったw

昨日の疲れが残っていたので、早めに切り上げて晩ご飯。
まぐろ
まぐろのにぎり寿司1人あたり20貫。
その前に待ちきれなくて他のものを食べていたら、おなかいっぱいになってしまったという。
これはちょっとやり過ぎた。
「なんで他のもの頼んじゃうの!」とブーイングされるも気にしないw
遊んだゲームの感想を言い合ったり、今日一番は何だったか発表したり、楽しい時間を過ごしました。
今回の一番をそれぞれ挙げた結果、3、4個ずつ候補があって、トド吉・私・侍の3人は「ヌシも悪よのぉ」、いたるさんは「めじろおし」のめじろかいほうという結果でした。
すごいのは、どれが一番良かったか悩んでしまうというところ。
最近はどれも面白いなぁ。
ゲムマで入手したゲームはまだまだ(ほんとにまだまだ・・・)あるので、次回もがんばりましょう。

最後に。
正直、ゲーム会の名前は悩みました。
最近は同人というより、スモールパブリッシャー的なところが多いんですよね。
普通にショップ流通もするし。
でもまぁ、ずっとこの名前でやってきたのでこのままで。
あと、今回のゲムマから「ゲームマーケット公認プレイレポーター」という依頼を受けてみました。
これについては、どういった感じで書いていくかはまだ迷っています。
いつも通り「同人ゲーム大戦」記事は書いていきますが、また違ったレポートが書ければな、と悩み中です。

その他のゲームマーケット2015秋新作プレイ日記
第四次同人ゲーム大戦2015−その1−
第五次同人ゲーム大戦2015−その1−
第五次同人ゲーム大戦2015−その2−
第六次同人ゲーム大戦2015−その1−
第六次同人ゲーム大戦2015−その2−