・パカルのロケット
 Pacal's Rocket(Piatnik:2015)


image262

エネルギーチップで既定のパターンをつくり、ピラミッドを建てて得点を獲得していくゲームです。
けがわさん・おのさん・神尾さん・トド吉・私の5人でプレイ。

ボードには平地の他に山や川、湖などが描かれています。
ピラミッドは段数によって得点が違う上に、高いピラミッドほどエネルギーチップをばらまく難易度が高め。
まずはスタートプレイヤーがダイスを振り、今ラウンドでのロケットの移動歩数が決まり、手番では自分のロケットを動かします。
直線に動けばエネルギーチップを他プレイヤーのロケットにも入れられるけれど、、曲がった場合は自分のロケットにだけ入れます。
ロケットが移動すると、中に入っているエネルギーチップが出てくるので、それが既定の形になればピラミッドを建設出来ます。
建てたマスに置かれているエネルギーチップは、すべて各自の手元に戻ります。
さらに得点は、各エリアに一番最初にピラミッドを建てるか、現存するピラミッドを上回る形で建てた時に入ってきます。
さらにゲーム終了時、エリアで上位だったらボーナス点が入ってきます。
(エッセンで遊んだゲームなので、細かいルールは間違っている可能性もあります)

ピラミッドを建てるだけならいいけれど、必要なのがエネルギーチップを並べてパターンをつくること。
パズル的要素で「これはだめだ」と早々に思うw

最初から中央付近の取り合いがすごいことになっていたので、ボードでも自分に近い場所に。
誰も気付いていないうちに、ひっそりとエネルギーチップをまいていく。
そりゃ得点の高いエリアは、みんな狙っていくよねという展開。
でもエネルギーチップは割と多めに持っているので、ばらまくだけでも有効。
邪魔が入らないうちに、せっせと直進してはエネルギーチップをばらまく。
みんなが得点を獲得していても、焦らず地道に。

地道がよかったのか、いきなり高いピラミッドを建てられる状況に。
ちょっとドキドキしながら、「これ建てられるよね?」と確認して建設。
端っこエリアもノーマークでいいということを見せる結果に。

中央の戦いに疲れてくると、みんなが外へ向かってロケットを動かしてくる。
これはのんびりしていられないと、川沿いを狙ってエネルギーチップをばらまいていく。
すでにピラミッドのあるエリアはスルーして、得点が低くても低いピラミッドを建てられるエリアを中心に。

ゲームが中盤になると、よく見ないとピラミッドだらけ。
一体どこに建てられるのか、そのためにはどの位置にエネルギーチップが必要か頭の中で計算していく。
口に出したら、使われて建てられなくなるw
もっとも、そこはもっとアクティブに攻めてもよかったような気がするけれど。
トド吉の得点がぶっちぎりになり、その後ろには男3人衆が。
私はせっせと川沿いにピラミッドを建てていくも、おのさんと狙いがかぶる。
これは負けられないw
さらにエネルギーチップを2個ばらまきたいがために、必要のない場所にエネルギーチップがあったり。
目の前に建てないのに、自分のロケットは対極にいる。

さらに手番順も重要で、自分が同じエリアで競ってる人より、先手番のタイミングを狙っていく。
自分が後手だと、先に建てられてエネルギーチップを除去されてしまう。
最初こそのんびりしていたものの、細かく計算して、最終的に自分がどのエリアを取って、どのエリアを諦めるのかの計算で、だんだんと無言にw

場はぶっちぎりで走っていくトド吉の妨害モード。
そういう時に限って、トド吉が私と同じような場所にエネルギーチップをまきはじめる。
はっきり言って・・・邪魔!
巻き添えで私のエネルギーチップまで除去されていく。
川沿いにピラミッドを建てたいだけなのに・・・
とはいえ、この時点で私もかなり巻き返していて、もしかしたら上位を狙える位置。
全員が上位を目指すので、私も遠慮なく人のを除去していくわけでw

最後は、終了条件を達成する前に建てられるか、2ヶ所のうちどちらがより有効か悩む。
でも終わりそうだったので、手堅く川沿いを取るために小さなピラミッドを1つ。
これが功を奏し、なんと2位。
まぁ、トップのトド吉とはかなり離されてしまったけれど、序盤から爆走していたので止めきれなかったのが残念。

5人で遊んだからかもしれないけれど、かなり面白かったです。
色々な段数のピラミッドが並んでいくのも、見た目がいい。
ロケットの動かし方、エネルギーチップのばらまきに、ピラミッドの段数とパターンの関係とか。
自分の中で描いていたパターンが他の人のピラミッド建設で崩れた時など、立て直しをすぐに考えたりするので、想像していたより常に考えていました。
こういったゲームはあまり楽しいと感じないけれど、これは夢中になって遊びました。
考えすぎて頭が酸欠になったけれど、また遊んでみたいなぁと思いました。