・The Tower(Cranio Creations:2015)

The Tower

自分のコマを一番下の階層まで移動させていくゲームです。
おのさん・神尾さん・トド吉・私の4人でプレイ。

立体的なビル。
各自持っている自分のコマを最上階から投げ込むところからスタートします。
砂時計で決められた時間内に、ビルの窓に指を入れ、自分のコマを下階へ落としていきます。
時間がきたらビルを持ち上げ、最下層に到達していたコマの数で得点が入ります。
これを繰り返し、誰かが15点獲得したら、その人の勝利でゲーム終了です。
(エッセンで遊んだのでルール詳細が曖昧です)

ブースの人がインストと砂時計係を担当。
一斉にタワーへコマを投げ込んだら準備完了。
そして、一斉にスタート!

ビルの窓から一斉に指を差し込んで、自分のコマを感触で探します。
プレイヤーのコマは全員黒で色は同じだけど、形が違うのです。
自分のコマはどんな形だったか思い出しながら、指の感触で探して穴まで誘導し、そして落とす。
ただこれだけw

「私のコマがない!」
「落としたけど、自分のじゃなさそう」
「ちょっとそこ邪魔!」
「うわ!もう時間になった」

慌ただしいw
さすがに序盤では最下層までは行かず、再び砂時計を逆さまに。
慌ててるのと感触で、自分のコマはないんじゃないかと思い始める。
後で見てわかったことなんですが、ビルの四つ角へ押し込む形になって、見つけられなかっただけ。
そんなことも気づかず、さっぱり落ちていかない私のコマ。
その点、おのさんとトド吉はしっかり落としている。

何回か繰り返すうちに、自分のコマがどれか隙間から見えるように。
他の人のコマは、すでに下階へ落ちてしまったからなんですがw
神尾さんと2人、のんびり穴へ落とす・・・ふりをして、最後までがんばる。

「神尾さん、そこどいてー!」

割とひどいw
そっちの窓を使いたい、この窓は譲れない。
たくさんあるのに、コマがどうしても固まっていくので、狙う窓は同じになっていくわけで。
結局・・・誰が勝ったんだったかな?たぶんおのさん。

いい年したアジア人の4人組が、必死に指を入れて遊んでいる姿は、見ている人たちを楽しませたことだと思います。
これ遊ぶのにも夢中になれるけれど、見ているだけでも楽しいと思うのですw