・指輪物語 モルドールへの旅
 Der Herr der Ringe: Die Reise nach Mordor(Kosmos:2015)


指輪物語:モルドールへの旅

指輪をモルドールへ運ぶことを目的とするダイスゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

基本ゲームと上級ゲームがありますが、今回は上級で。
各自持っているマップには、モルドールへの道が2本描かれていて、プレイヤーが進む道とナズグルが進む道。
ゲームはいたって簡単。
自分が先にモルドールへ到達するか、ナズグルが先に到達して脱落するか。
手番がきたらダイスを振り、最低1個のダイスを確保して振り直します。
複数のダイスも確保出来ますが、すべてが異なったシンボルのみ。
ナズグルの目が1個以上出た場合、必ずナズグルを1個確保します。
シンボルにはそれぞれ違う効果があります。
指輪の目が出ればプレイヤーが進め、オークの目があると指輪は無効に。
オークを無効にするには仲間が必要で、ガンダルフはナズグルトラックのスペースを半分に分割することが出来て、ナズグルの進行速度を遅らせることが出来ます。
ダイスの効果を解決したら手番終了。
ナズグルトラックが先にモルドールへ到達した人は脱落します。
誰かがモルドールへ到達するか、全員が脱落したらゲームは終了です。

カードゲームだと思っていたら、軽いダイスゲームだったという。
上級ゲームの場合、プレイヤーが進む道の各マスに効果があります。
良い効果もいまひとつな効果も。

トド吉が先手番でスタート。
最初は順調。
そう最初だけ・・・
私がガンダルフ効果で、ナズグルの道を細かく刻んでいるのに対し、トド吉はといえば、ナズグルにやられてばっかりw
指輪が出なくて進めなかったりするものの、どちらの道も進んでいなければ一安心。
そんな中、トド吉に指輪フィーバー状態がやってきて、どんどん進んでいく。
それを羨ましそうに眺める私。
ナズグルの目を残さなきゃいけない時、どの色のダイスを残すかが割と重要だったりするのです。
もちろん狙って相手の色を残すわけで。
これによって、トド吉が振ったダイスで私のナズグルが進むという。
もちろん仕返し上等なわけでw

でもそれは中盤までの話。
マスの効果を生かして、指輪の目を2個確保したり、オークを仲間で止めたり、地道に進んでいく私。
それに対して、明らかにナズグルのほうが進んでいくトド吉。
これはまさか・・・w

振っても振っても指輪が出ない。
変わりにナズグルも出ずに、ひたすらガンダルフ。
まぁ、これはこれでいいけれど、ゲーム的には進まないなぁと。
対するトド吉。
なんと振れば振るほどナズグルの目が出て、すごい勢いでモルドールへ一直線。
そして・・・
ナズグルのほうが先にモルドールへ到達して、トド吉脱落w

その後は、私が余裕のプレイ。
ガンダルフのおかげで、まだまだ余裕があったので、のんびり1人ダイスを振る。
とはいえ、あまりに指輪が出ないと焦ってくるもので。
どうかな?と思った時、指輪の目が出て、無事にモルドールへ到達したのでした。
私の勝利!

簡単で物足りないダイスゲームかと思ったら、色で他のプレイヤーへ嫌がらせが出来るという。
盛り上がらなかった序盤とは違い、中盤からはダイスを振る手に力が入ります。
自分とナズグルの戦いというか、ダイスとの戦いというか。
ダイス運次第なので、どう展開が動くのか読めないところがいいというか・・・w

ところで、この「指輪物語」をどう読むかで悩みます。
とっても細かいことだけど、「ゆびわものがたり」なのか「ロード・オブ・ザ・リング」なのか。
Wikipediaでは「ゆびわものがたり」になっているので、そっちなんだろうなーと。