・ワッキーチャレンジ
 Wacky Challenge(Ilopeli:2015)


ワッキーチャレンジ

乗り物を使って出来るだけ多くの都市を回り、得点を獲得するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

まずは各自キャラクターを決め、キャラクターのカードセットを持ちます。
カードには乗り物とスピード、得点でもあり都市という扱いのドットが描かれています。
使う乗り物は5種類。
場には、乗り物のヒエラルキーカードを並べ、最初の乗り物カードを並べたらゲーム開始。
手札からカード1枚を選んで裏向きに出し、一斉にオープン。
出されたカードは、乗り物のヒエラルキーカードの左側に並べていきます。
そして、上位の乗り物を出した人から、右側の乗り物カードを受け取り、自分の前に並べます。
次のターンでは、今回左側に並べた乗り物カードを、右側に移動させて取り合います。
これを5回やり、入手した乗り物カード5枚を並べ替えて得点計算。
最終的に得点の一番高い人が勝者となります。

今ひとつピンとこない感じでゲームはスタート。
手札は5枚。
この中からどれを出すか考える。
ヒエラルキーの順で手番を実行するので、ほしいカードがあるなら上位の乗り物。
10分以内で終わるゲームだから、ここは最初から強気で・・・

「じゃ、一斉にオープンね。せーの!」

私の出した乗り物のほうが、トド吉より上位だったので先にカードを選ぶ。
とりあえず飛行機を選んでみたけれど、2枚で空港1つ出来て4点は、効率が悪いんじゃ?と思うも、着手してしまったので仕方なし。
トド吉はバイクで爆走中。
道がつながるようなイラストになっていて、乗り物によって描かれているドットの数も違うのです。
半円になっているものは、もう半分をくっつけることで1つとして計算されるわけで。

手をつけてしまったので、仕方なく次も飛行機。
でもなんだか違うような気がする。
4点という言葉に騙された感。

でもそこまで難しく考えることもなく、どんどん出しては引き取ってくるカード。
ちなみに選ばれなかったカードは裏向きで置かれ、ブースターと呼ばれる能力を使うことが出来ます。
でもそこまで必要に感じないのでスルー。

そして、多少順位が動こうとも、順調に飛行機を並べる。
空港3つで12点・・・コストパフォーマンス悪いような。

あっという間に5枚目になり、並んだ5枚のカードで完成。
僅差だったけれど、最後の空港パワーで勝ち逃げ。

うーん・・・
この会社のカードゲームは、2人でも楽しめるものが多くて気に入っていたので、今回はどうしちゃったの?といった感じ。
今までのゲームと比べても、正直あまり面白くないし。
7人で遊べば盛り上がれるのかな?とも思ったり。
10分以内でわーっと多人数で遊べるなら、有りなのかも知れません。
2人はちょっとダメかな。