・チャッカラッカ
 Tschakka Lakka: Die rasante Wurfeljagd nach dem Tempelschatz(Kosmos:2015)


チャッカラッカ

ダイスを振って、財宝や宝石を集めていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードは古いマヤの神、チャッカラッカの神殿。
木のコマは財宝で、大きさは3種類。
その他に2色の宝石を置きます。
ゲームの目的は、財宝と宝石を集めることで得点を獲得すること。
手番がきたら、まずはアライグマのジョーンズを移動させ、どの財宝を狙うのか決めます。
次にダイスを振り、到達可能な財宝、1つもしくは複数個のダイスを置きます。
ダイスは財宝の色と連動していて、必要なダイス数も大きさによって違います。
少なくとも1つダイスを配置したら、ドクロマーク以外のダイスを振りなおすことが出来ます。
手番を止めることにしたら、神殿から財宝を入手します。
財宝4個の中央に宝石があったりするので、獲得出来ると得点に関わってきます。
これを繰り返し、神殿の宝石が3個以下になったらゲーム終了。
入手した財宝と宝石、さらに色別の加点の合計を計算し、一番高い人が勝者となります。

SPONSORED LINK

今回は2人プレイなので、同じ色の財宝を集めても、最も高い人のみ得点が入ります。
最初は神殿の中に財宝がいっぱいなので、角の入口から。
ダイスを振る手に、かなりの念がこもります。

「よし!ドクロ出てないから、まずこの赤を置いて・・・」

アライグマのジョーンズが隣接している場所から。
運がいいことに、その先の色も出ている。

「じゃ、ここをこうしてーこうでー」

中にはオールマイティの出目もありますが、夢中になりすぎて存在意義を忘れてしまうw
財宝を入手し、さらに4つの財宝に守られている宝石も獲得。
その頃トド吉は・・・一発逆転を狙って移動中ww

出来るだけ小さい財宝を狙っていたんですが、終盤になって気付いたこと。
数があっても小さい財宝ばかりだと、得点を計算すると逆転されてしまう。
大きい財宝は、財宝を入手するために使うダイスの量が多いので避けたいけれど、そんなことを言っていられない。
取れそうならどんどんいく。
そして終わってみれば、私の勝利で終わりました。

軽く遊ぶ系だと思っていたら、意外な盛り上がりを見せてくれました。
狙った通りにいかないのも、ダイスゲームの面白さですw