・テラ
 Terra(Days of Wonder:2003)


テラ

協力して平和で安定した社会と環境を維持していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

プレイヤーは協力して、様々な困難を解決していきますが、その中で、自分の得点をためておかなければいけません。
手番がきたら、まず山札からカードを1枚引きます。
この時、解決カードなら手札に入れ、危機カードだった場合には、表にして自分の前に置きます。
危機カードを引いてしまったら、他のプレイヤーたちと協力して、末期になる前に解決していきます。
解決するには、その危機と同じ種類のカードを書かれている脅威ポイント以上にしなければなりません。
解決出来なければ末期となり、危機カードはテーブル中央に置きます。
次に、すでに末期となっているカードを解決するか、自分の得点として3枚のカードを蓄えることが出来ます。
最後に手札の上限を確認したら、手番終了です。
これを繰り返し、プレイヤー側が解決出来ない危機の中で、同じ地域3枚もしくは世界中で4枚の同じ種類の末期の危機が起こった場合、プレイヤー側の失敗で敗北。
山札の最後の1枚が引かれたらプレイヤーたちの勝ちで、ゲームがおわります。

SPONSORED LINK

「どんどん解決していこう!」

この気合いは最初だけ、そして口だけw
自分の得点を増やすために、ひたすらカードを蓄えていくという。
蓄えてしまうと、ここぞという時に使えない。
でもプレイヤー側が勝ったら、得点はとても大切。

最初は末期になっても焦る必要がありません。
でもこれがダメで、いきなり被害拡大。
それでも負けてはいられないのと、自分の得点をしっかりとる方向で。
そして、あっという間に敗北。

「これ得点ため続けると、ゲームが違う意味になりそう」
「次は協力態勢しっかりやっていこう」

再び挑戦。
ところが、またしても失敗。
終わった後、どんなカードを得点にしておいたか覗いてみたけれど、6を中心に高い数字を確保していたいたるさん。
そして、激しいブーイングw
クリア出来る気がしないし、終わりは突然やってきます。
さっきまで余裕でいたのに、え?という感じ。
なんだろう・・・面白さを感じる前にはゲームが終わる感じでした。