・爆発
 Explosiv(Piatnik:1999)


爆発

出来るだけ爆発させないよう、高得点のアタッシュケースを入手していくカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場にはプレイ人数+1枚のアタッシュケース。
ゲーム開始時は、+の面になっていて、これを取り合っていきます。
各プレイヤーは、自分のカードセットを持ちます。
手番になったら、カードを1枚いずれかのアタッシュケースの下に出していくだけ。
ただし、同色のカードが連続する配置と既に置かれている数字と同じ数字は出せません。
8だけは特別で、列に何枚出しても構いません。
列に出されたカードが8枚目になると、アタッシュケースが爆発し裏返され爆弾とマイナスになります。
アタッシュケースは、プラスマイナス関係なく、両面の数字合計が9になっています。
すべてのプレイヤーが手札全部を出したらラウンド終了。
その列で一番ポイントの多い人が、アタッシュケースもしくは爆弾を受け取ります。
アタッシュケースがなくなるか、次のラウンドで使用するアタッシュケースが足りない場合ゲーム終了。
獲得したアタッシュケースもしくは爆弾カードの数値を合計し、最も高い人が勝者となります。

シャハトのゲームなら、3人が一番面白いのでは?と思いプレイ。
自分のカードを連続して置けないこと、すでに置かれている数字は出せないことが、中盤以降になると効いてきます。
そして何といっても、自分が勝てない列は、爆弾を爆発させたいわけで。
見えているアタッシュケースが1だと、裏面は−8。
これは爆発させたい・・・w

ところが・・・意外にカード枚数がたまらない。
爆発ってタイトルなのに、爆発しない・・・
そんなことばかり気にしていると、せっかく残しておいた8が無駄死に。
出しても勝てない、そんな場所に泣く泣く出すはめに。
トド吉といたるさんが、楽しそうにアタッシュケースを山分けする中、私だけ何ももらえないとかw
こうなったら、意地でも爆発させてやる!

と思ったものの、やっぱり爆発しない。
これは地道にアタッシュケースを入手しておかないと、どんどん点差が広がるばかり。
仕方ない・・・地道にやるか。

そう思ってる時に限って、関わってないところで爆発。
違う意味で悔しい。
自分のカードしか出されてない、でもあっちは餌になるだけ。
がんばっても8枚にならない。
そんな考えが頭を占拠してくるわけで。

とまぁ、こんな地味な展開でゲームが終わってしまったという。
ルールを読んだ時のわくわく感がない・・・
きれいすぎて、雑味が足りないというか。
もっとガンガン爆発したほうが、絶対盛り上がると思うんですけどね。
とはいえ、大差で負けたので何とも言えませんがw