・栄光のスターファイター
 Starfighter(Ystari:2015)


栄光のスターファイター

宇宙戦闘機の編隊をつくり、相手にダメージを与えて落とする2人用のゲームです。
トド吉とプレイ。

詳しい説明はこちらを参照→ 目を鍛えておけば、最高の対電子戦の武器になります『栄光のスターファイター』

お互いのボードを向かい合わせて置けば、そこは自分の戦闘機を配置する宇宙空間。
カードを置く場所は決まっていて、さらにレベルによって置ける場所が決まっています。
最下段は、毎ラウンド補充出来るカード枚数になっていて、カードを置くほど枚数が減ります。
基本的には、交互にカードを配置していき、お互いパスをするまで続けます。
終われば戦闘開始。
ダメージを防ぎきれないと、自分の巡洋艦の装甲に傷がついてダメージに。
この装甲が0になったら敗北です。

運がいいのか、レベル0のカードがそこそこある。
そして、カード効果もドロー出来るもの。
こうなったら、最初から全力だ!とばかりに、せっせとカードセット。
ところが、トド吉は合うレベルのカードがないらしく、早々にパス。
先にパスすると、戦闘の時に有利なのです。
とはいえ、せっかくカードがあるんだし、ある程度編隊しておかないと。

気が済むまでカード配置したら、早速戦闘。
トド吉が1列分ボードを動かす。
左右どちらに動かしてくるかで、私にくるダメージも違うし、せっかく揃えた編隊が空の宇宙空間を攻撃することになったりも。
あとはダメージ処理していくだけ。
まぁ20あるし、そう簡単に装甲は破られないよなぁ・・・

ゲームが進むにつれ、どんどんカードを配置出来なくなるトド吉。
私はカード効果を上手く使い、どんどん編隊していく。
でもやりすぎると補充枚数が減ってしまう。
そんな時は、ドロー出来る効果を持つカードを何とか出しておく。
これのおかげで、中盤はかなり強い編隊になり、特にシールドが強かった。

ところが、後半になって、今度は私が出せるカードがない状態。
1枚も出せないなんてことも。
すでにお互いのボードは大きくずれていて、何とか防御したいけれどカードがない。
もう丸裸状態。
受ける装甲へのダメージも大きく、結局最後は撃ち落されてしまいました。
トド吉も残り5くらいで止まっていたので、惜しかったなぁ。

テーマが宇宙だし、適当な感じかと思ったら違いました。
先にパスしたほうが、戦闘の前にボードを動かす権利を持っているので、セットしても逃げられたり。
攻撃を左右どちらかからやるのかも決められるし。
出せるカードがあっても、適度なタイミングでポーンを取りにいくのは大切でした。
今回も最強のシールドで守ってはいたものの、上手く避けられ攻撃されて、結局私の巡視船は撃ち落されてしまったわけで。
カードがレベルに合わせてしか出せないのも悩ましい。
そこはカード効果を上手く使って、カードを移動させたりしつつ、最強の布陣で相手を迎撃しないと勝てませんw




そういえば・・・
ボード「これうち好みだよね?」
「わかりやすくて簡単でいいね」

そんな話で盛り上がったけれど、唯一しょんぼりしたのがこちら。
ボードが1枚だけこんな感じに。
角がつぶれちゃうのは仕方ない・・・というわけでもない収納なんですけどねぇ。