・ポケット・インペリウム
 Pocket Imperium(LudiCreations:2015)


ポケットインペリウム

宇宙を舞台に、惑星を占有し得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のコマンドカード3枚と宇宙船コマを持ちます。
舞台となる宇宙空間は、中央の惑星を基点に全部で6枚のタイルで出来ています。
最初に、各自のスタート位置となるヘクスを決めて、宇宙船を置きます。
ゲームの流れは、まず計画。
3枚のカードをどの順番で実行するのか決めて、裏向きで自分の前に並べます。
次に実際のアクションで、全員が選んだカードの一番左からオープンにしていきます。
同じカードを出している人数に応じて、アクション数が減ります。
全員が終わったら、次に中央のカードをオープンにしてと、3枚すべてを処理します。
すべての処理が終わったら、まずは宇宙船の維持が出来ているかチェック。
そして、タイルを1枚選び、そこから得点を獲得します。
タイルに描かれている惑星に自分の宇宙船があれば占有しているとみなし、得点が入ってきます。
これを繰り返し、3人プレイは6ラウンドが終わったらゲーム終了。
最終得点計算をし、得点の一番高い人が勝者となります。

とりあえず宇宙船を増やさないと、空いてる惑星があるし、攻撃されるかもしれないし。
でもきっと他の人も同じことを考えている・・・
バッティングしないように選ばないといけないので、たった3枚のカードを見つめて考える。
とりあえず、移動してから宇宙船増やそうかなとカードをセット。
まぁ、序盤は誰かしらかぶるのは仕方ないので、せめて最小限でw

勝手に決めた本拠地を基点に、隣りの惑星目指して移動。
そして、占有している2つの惑星から船を増産。
最後に攻撃・・・移動範囲にいないので、全員が同じ得点をもらって終わり。
動き出すのは2ラウンド目から。
何せ6ラウンドしかないので、得点の差をつけるには早く動かないとダメ。
そう考えたのかわからないけれど、トド吉といたるさんが続々移動をはじめる。
私はまたしても宇宙船を増設して移動。
全員の狙いは中央のレベル3の惑星。
あそこを占有していると、違うヘクス1枚を選んでさらに得点を加算出来るのです。
あまり差が出ない狭い範囲なので、ここはかなり重要。
早速、中央の取り合いが始まります。

攻撃解決は単純に宇宙船の数なので、増産は必須。
トド吉といたるさんは、カードの並べ順がほぼ同じで、常にお互い悲鳴w
そんな中、黙々と宇宙船を増やしてはばらまいていく私。
左右両方ともぎりぎりの境界線を相談しつつ、出来る限り広げる。
そして入ってくる規定得点のような得点。
そして、気付けば戦闘後空いている中央。

「入ればいいと思う」
「いや入るべきでしょう」

(でも入ったら次ラウンドやられるよなぁ)
(でも今がチャンスだよなぁ)

結局、初めての中央占有。
確かに2ヘクスから得点が入ってくるのは大きい。
宇宙船をばらまいていたおかげで、そっくり同じ得点が2回入るのは大きい。
これで味をしめた私は、出来るだけカードをバッティングさせないように選び、隙あらば中央狙い。

その様子を見ていたトド吉といたるさん、ついに私の宙域へやってくる。
とりあえず1ヘクスだけ守り抜ければ得点は入るので、宇宙船増産。
ストックがなくなるまで増産し、これで万全の構えw
最後はもう泥沼。
「あそこあいてるよ!」
「いやあっちだよ!」
「やっぱこっちでしょ!」
自己主張タイムw
基本的に自分が得点を獲得しつつ、他の人の得点を削るのだからこうなるという見本。
それでも、そこまでにためこんだ得点が大きく、僅差で私の勝利。

スタートプレイヤーは6時間以上かかる4xゲームを遊んだことがある人。
確かに6時間に比べたら、あっという間に終わります。
最初から全力でいかないと、走られたら終わり。
隙あらば攻撃なので好みが分かれるのは仕方ないとしても、ちゃんとしたゲームをこの短いプレイ時間で楽しめるのは良いと思います。
4xゲームに興味あるけれど、遊んだことない人に雰囲気をわかってもらうのに良いかも。