・曼荼羅
 Mandala(New Games Order:2015)


曼荼羅

曼陀羅をモチーフに、自分のコマをつなげていくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

このゲームは、第1回東京ドイツゲーム賞でNew Games Order賞を受賞したゲーム。
布のボードや箱など、とても雰囲気の良い出来になっています。
ゲーム目的はいたってシンプル。
ボード上で、自分のコマを一筆書きでつなぐこと。
毎ラウンド入ってくる得点を積み重ね、最終的に得点の一番高い人が勝者となります。
ラウンドは、まずコマ配置。
手番がきたら、自分のコマを1個配置するだけ。
全員が置いたら、マスの獲得をチェックし、カードを解決してタイルを配置します。
そして得点計算をして、次のラウンドの準備が終わればラウンド終了。
これを9ラウンドやります。

SPONSORED LINK

自分のコマを出来るだけつなげていくといっても、最初は土台。
とりあえずコマを置き、割と平和的に解決。
なぜなら、まずは配置出来るコマを増やすため、カード効果を狙っていったから。
コマは多い方が、いろいろと配置出来る。
でも最後には、手元に残っているコマは、マイナス点の材料にしかならない。

ある程度、全員のコマが揃ってからが勝負。
とはいえ、いたるさんが一歩リードしている展開に。
コマを配置するだけだと、逆転予想しにくいので、そこで助かるのがカード。
カードの効果で、ボード上に配置するタイルを移動させたり向きを変えたり。
カード効果に頼りすぎても、ランダムで出てくるので自滅気配。
何か逆転する手段はないものか・・・と考えていたら、出てきた空きマスにコマを手持ちから配置出来る餓鬼道。
これで何とか一筆書きに。

あっという間にゲームも中盤過ぎ。
ここからは、全員の攻防さらに熱くなってくる。
タイルを任意の場所に配置出来ると、自分だけが得をする形にしたり。
増えたコマを使って、本当に欲しい場所は譲らない。
誰かを踏み台にするのが当然のような形になるけれど、そこを気にしていられない。
全員が自分の勝利に向かって一直線。

もう少し得点が欲しいなぁと思うけれど、願うは餓鬼道。
ところが、最後の最後に出てこない。
まぁ、ここは運なので仕方なし。
逆に最後は、コマが手元に戻ってマイナス点になることを考慮しつつ。
結局、全員が−12点という平等減点の中、勝ったのは私でした。

アブストラクト風味が強そうで、ちょっと苦手かな?と思ったけれど、強いカード効果があるおかげで、楽しめました。
かなり楽しめて、気に入りました。
日本人がつくったゲームだけれど、ドイツのゲームと遜色ない展開で面白かったです。
箱の雰囲気がとても良く、目でも楽しめるゲームだと思いました。