・ニューへブン
 New Haven(R&R Games:2013)


ニューヘブン

資源を使って自分の村をつくり、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

共用のボードの他に、各プレイヤーは自分用ボードを持ちます。
大きな共用ボードは、収穫タイルを置いて資源を出す場所。
自分のボードは自分の村で、建物タイルを置いていく場所です。
手番がきたら、まず収穫タイルを任意の空きマスに配置します。
次に、収穫タイルを置いたことで発生した資源を資源トラックに反映させます。
この資源を使って、次に自分の村へ建物タイルを配置していきます。
建物は資源の種類ごとに色分けされており、必要な数が決まっています。
さらに、村ボードには数字が書き込まれているので、対象となる数字の場所に建物タイルを置いていきます。
同じ資源(色)同士は常に縦横で隣接させなければいけません。
この時、他のプレイヤーも順に、各自の村ボードに建物タイルを置くことが出来ます。
最後に、資源が0の数だけ建物タイルを獲得し、資源タイルを1枚引いて手持ちにしたら手番終了。
これを繰り返し、空いているマスが1マスになったらゲーム終了。
建物タイルで埋まっている列の得点を計算し、得点の高いプレイヤーが勝者となります。

SPONSORED LINK

初期の各種タイルを衝立の後ろに隠したら、早速ゲームスタート。
持っている建物が石と木を使うので、ボード上に描かれている場所へ隣接して配置。
出てきた資源を資源トラックに反映させたら、いざ建設。
自分のボードには1から6まで昇順で数字が書いてあります。
5列なので、どこに最初の建物を置くのかで決まりそう。
ということで、真ん中に石の建物を置いて資源を減らす。

「はい、建設するならどうぞ。資源あまってるよー」

こっちとしては、資源を使って欲しいのです。
在庫が0になった資源の数が重要。

「じゃ使う」

しっかりと3枚建物タイルを手元に補充。
見えているものでちょうど良いのがあったので、今回は場から。

こんな感じでゲームは進んでいきます。
お互いに欲しい資源がかぶったり、ついつい同じものをつなげてしまうせいか、途中で木がすごいことに。

「木が12でてきてー」

大量に出てきた時こそチャンス。
6という数字を置くならこの時。

「5と6を置く。でも1余っちゃうなぁ」

序盤は自分ボードも埋まってないので、割と余裕。
問題は、ある程度決まってきてから。
欲しい建物タイルが場に出ていない、袋から引いても引けない。
しかも収穫タイルもうまくない。
こうなると、どうしたものかと悩むし、むしろトド吉が置く収穫タイル頼り。
でもまぁ、お互い同じようなものが欲しかったりするので、建設どうぞと言われても資源がない。
得点は横と縦の列で見るので、出来るだけラインとして埋めたい。
狙っている建物タイルを取ったり取られたりと、ゲームが進むごとに何だかワクワクしてくるw

最後はどこでゲームが終わるのか数えて、自分の手番を考えて、妥協して列を埋めにいく作戦。
あと1枚、木の5が取れたら最高だったのに、使いもしないトド吉に取られて埋まらなかったという。
結局、その点差で敗北。

プレイ人数に合わせて、ボードの使うマス数は変わります。
欲しい時に欲しいタイルが引けないのはお約束のようなもので、相手の収穫に合わせてどんどん建設していかないと、かなり遅れを取ります。
数字が決まっていて、どうしても置けない時は裏返して配置出来ますが、それだと得点が半分に。
我慢して表向き2倍の得点を狙って、数字がつながらなくて、泣く泣く裏向きで配置するとか。
ルールがシンプルなのに、ちゃんと考えどころも駆け引きもあって、なかなか面白いゲームだったので、夢中になって遊びました。

・ゲームストアバネスト:ニューヘブン